ルーマニアで焼肉(1)

我が家では、肉というと鶏肉ばかり食べてます。なんでかというと、旦那が「僕、チキン大好き!」な人だからというのもあるのですが、調理が楽というのも大きな理由。日本だと、豚肉とか、牛肉って薄切りにして売られているじゃないですか。ルーマニアでは、かたまり肉ばかり。「肉に生まれたからには塊肉になってみせる的」な男らしい姿態を肉売り場にさらしてらっしゃる。しかしですな、かたまり肉っていうのは煮込むのに時間がかかるわけですね。で、イキオイ、調理時間が少なくて済むチキンばかりを買ってしまうわけですよ。

しかも、肉の中でもルーマニアの牛肉は、硬い。もうなんか「硬い」って表記するよりも「堅い」って書いたほうがしっくり来るほど、硬い。イメージとしては樫の木とか、革靴の底です。なぜならば、ルーマニアの牛さんたちは、モーモーとそこら辺の草を食べて元気に歩き回っていらっしゃるせいか、肉が筋肉っぽい。ビール飲んで、マッサージを受けている日本の高級和牛さんたちとは、生活レベルが違うのであります。(シーネルさんのブログも参照)
何度か、ルーマニア料理店でステーキを頼んで、「あご強化訓練中」かっていうぐらい、噛んで噛んで噛んで、飲み込めなかったことがあります。硬い。煮込み料理の牛肉は美味しいんですが、焼いた肉はなかなか食いちぎれない、というイメージをルーマニアの牛肉に対して長年抱いておりました。

そんなわけで、6年にも及ぶルーマニア生活ですら、牛肉は数えるほどしか買ったことがありませんでした。しかし、あんまり鶏肉ばっかり食べていても、食のバランス上、好ましくあるまいということで、たまには牛肉を買いに行くことにしました。
ところが、ここでひとつ大きな問題が発生しました。牛肉の部位を表すルーマニア語の単語がよくわからん、ということです。

前回までの記事で、エラソーに通訳論とかぶちかましていたのはどこのドイツ人(古い)だよ、っていう話ですが。仕事で使わない単語には恐ろしいぐらいの脆弱性を示す私。絶対日常生活では必要ないだろうっていう化学物質の名前をルーマニア語で言えても、「牛の肩ロース」は言えません。

というわけで、急遽、牛肉の部位に関する単語を勉強することにしました。特に私が長年、肉売り場で見かけて、気になりつつも調べていなかった単語があります。それは、Antricot。アントリコット。牛肉の部位を指す単語らしいのですが、そうとは思えない。何か、フランスの没落貴族の名前のようです。(調べたところ、案の定フランス語が語源だった)
こう、ポトフとか、ブフブルギニョンとか、フランス料理に使わなきゃ怒られそうな名前です。
で、辞書を引いたところ、どうもAntricotとは、牛の「あばら近辺の肉」を指すらしいのです。アバラ肉・・・牛のバラ肉・・・ってもしかして・・・・


カルビのことですか?



アントリコットという優雅な名前に反して、お前はカルビなのか。焼肉の代名詞的なあの肉なのですか。
「ルーマニアの牛肉は硬いから、焼肉なんて不可能」と思い込んでいた私ですが、カルビ肉といえば、焼肉、焼肉しかないですよ。焼肉、好きですか。大好きです。あわててスーパーに走った私でした。

(長くなったので続く)
[PR]

# by heedoosama | 2007-02-03 07:01 | ルーマニアで食事  

ルーマニア語通訳をして(3)

前回の記事で触れた、「通訳メモ」についてお話したいと思います。
通訳メモというのは、通訳が聞き取りをしながら書くメモです。だたし、通訳は相手の発言をまるまる写し取るなんてことはしません。通訳は訳を考えながらメモを取るので、発言内容を一言一句書き取ることに必死になっていたら、手ばかりが動いて頭が働きません。

実は、この通訳メモ、通訳さんごとにいろんな取り方があります。日本やヨーロッパの通訳養成学校では、速記のようにマルやら三角やら二重丸を使って、暗号化したメモをとる技術を学ぶところもあります。なれるとそのほうがメモを取りやすいようです。

私の場合はちゃんとそういうお勉強をしていないので、我流で記号を使っています。「本日はお忙しいところお時間をいただきまして、有難うございます」という発言があったとしたら、メモは「本日 時 M」としか書かないとか。Mはルーマニア語のMultumesc(有難う)の頭文字です。

さて、前フリをたれたところで、実際に、へーどーがあるミーティングの通訳でとったメモをご覧いただきましょう。
b0040048_5525655.jpg





・・・。


き・・・・


きったねー

自分で見て、今、びっくりこきました。
もとから字は汚いのですが、通訳中はスピード勝負のため、さらに見苦しいです。まあ、でも通訳メモというのはあくまでも自分のためにとるものであって、ひどい字でも「その瞬間さえ読めればいい」ものです。たまに、お客さんで、興味があるのか私の手元を覗き込んでくる人がいらっしゃいますが、「悪いものを見てしまった」みたいな感じでぎょっとして目をそらすのが面白いです。

この中でルーマニア語と日本語が混在していますが、「ルーマニア語の部分はルーマニア人の発言を写し取ったもので、日本語の部分は日本人が発言したとこだな」と思われるかもしれません。ところがどっこい、そうとも限りません。日本語での発言でも、私はメモを取りながらルーマニア語に頭の中で変換するので、手はルーマニア語を書いていたりします。いつもではないですが。

ご覧いただいてお分かりいただけるかと思いますが、書いた本人にもわけのわからんメモです。ですから、前回書いたように、後でこのメモを見て会議の内容を思い出せるかというと・・・思い出せません。書いているその瞬間しか意味はわかりません。例えば、「1日あたり3,000ユーロの売り上げがありました」という発言をメモするのに「3/z C.A.」しか書いてなかったりします。zはルーマニア語の「zi」=「1日」の略です。「C.A.」は「Cifra de afaceri(売り上げ)」の略です。後で読みかえしても3,000ユーロだったのか、3万ユーロだったのか、思い出せません。

通訳メモは、議事録作成用のメモとは根本的に違います。

今回、いろいろ調べてたらたまたま見つけた「通訳ごんたのひとりごと」というブログで、すっげー賢い「縦割り通訳メモ」の取り方を書いていて、真似せねば!と鼻息荒くなってしまいました。
この方が、「technology と書く代わりに「技」と書いたりする」と記事に書いてらして、「オレも!オレも!」と嬉しくなってしまいました。tehnologie は 誰がなんと言おうと通訳メモでは「技」です。決定。
[PR]

# by heedoosama | 2007-01-30 06:13 | ことば・おしごと  

ルーマニア語通訳をして(2)

前回の記事で、「通訳とはすさまじい集中力を要する仕事である」とかえらそうに書いてしまった、集中力のない通訳です。皆様お元気ですか。

通訳には同時通訳者と逐次通訳者の2種類がいますが(両方する人もいる)私はほとんど、逐次通訳しかしません。同時通訳が必要な場面というと、「テレビのニュースで大統領にライブでインタビュー」とか、首脳レベルのでっかい国際会議で通訳ブースが設置されるようなとこ、とかじゃないですか(偏見?)。ルーマニア・日本関係の通訳をしていて、そのような場面はほとんど発生しません。英語通訳とか「花形」の人たちはそういった機会がざくざくあるんでしょうが。私がすることが多いのは、商談の席とかセミナーでの通訳です。

また、同時通訳は専門の学校で、そのための技術を勉強しなくてはいけませんが、ルーマニア語・日本語通訳のためのそういった学校はありません。なので、私はちゃんとした同時通訳ノウハウを学んでいません。正直言って同時通訳をするのは怖いです。逆に、英語の同時通訳の方のブログを読んだら、「同時通訳ばかりやっているので、逐次通訳をたまにすると、やり方がわからなくて混乱する」と書いておられましたが、そういうことなのかもしれません。同じ「通訳」でも同時と逐次は、頭の回路の使い方が違うんだと思います。

というわけで、今回は逐次通訳について書きますが、まず下の図を見てください。逐次通訳の流れです(実際の顧客の1回あたりの発言はもっと長い)。
b0040048_564248.jpg

このように、顧客が何かを発言して、それを通訳は一旦頭の中に記憶して、次の瞬間にそれを訳して発言すると言ったことを繰り返します。そのつど、通訳は前回の日記で書いた1~8の手順を繰り返します。顧客が一瞬前に言ったことを集中して記憶し、それになるべく忠実な訳をしなくてはいけません。これを常に行っていると、何が起こるかというと、短期的な記憶力が飛躍的に向上します。

しかし、あくまでも短期的な記憶力です。一瞬前のことは完璧に記憶できるのです。一瞬前のこと(記憶①)を記憶し、それを訳し(放出①)た瞬間、記憶①を保存する前に、次の情報(記憶②)が入ってきます。今度は記憶②を完璧に記憶し、訳して(放出②)、次の記憶③に備えます。記憶③を完璧に覚えるために、前の記憶①、記憶②は消去されます。会議中、えんえんそれの繰り返しです。

つまり、私の頭の中は「一瞬前の顧客の発言は完璧に覚えられるけど、すでに訳し終わった発言はメモリーから消去」という状態になるわけです。他の通訳の方はどうなのかわかりませんが、前回の日記で書いた1~8の手順をえんえん繰り返していくために、私の脳内は、ものすごく容量の少ないフロッピーディスクみたいなことになっています。少しのことなら完璧に再生できるけど、大量の情報はぜんぜん入らないのです。他の情報を入れるためには、先に入っていた情報を消去しなくてはいけません。

たまに通訳に話す時間を与えず、20分ぐらい続けて話す発言者の方がいますが、その場合、私はその訳を口にするまでは、その内容はかなりの精度で記憶できます。しかし、訳を口にした後はすぐに、メモリーはほぼ白紙に戻ります。

ですから、ルーマニア側、日本側交えての商談が終わった後「いやー、いい通訳でわかりやすかったです」と言われると、とてもうれしいのですが、「ところで、○○氏だけど、例の件は何ていってましたっけ・・・私、メモを取っていなくて」とか言われると、非常にピンチです。大ピンチ。だって、私の頭は一瞬前のことしか再生できないのです。すでに訳し終わった発言は記憶の彼方です。

「えっ、ちゃんと通訳していたのに、自分で言ってた内容を覚えてないんですか」といわれることもありますが、大体仕事が終わった後は、仕事中に言ったことは半分くらい霧の中です。あくまでも短期的集中力しかない私の頭。もちろん、通訳に商談の内容を確認するのは悪いことではありませんが、「通訳は話した内容を全部覚えている」と期待するのは難しいかもしれません。あくまでも顧客自身で、通訳を通して聞いた相手の発言をメモするなり、記憶に留めることが得策かと思います。え、そんなメモリー容量の少ない通訳は私だけですか?

「前回の日記で通訳しながらメモとるって言っていたじゃないですか。メモを見ればいいでしょう」と考える方もいらっしゃるかもしれません。それは、着眼点はいいのですが、なかなかそうもいきません。

その理由は・・・、次回に続きます。

今日の教訓:「通訳者とは、一瞬前に言ったことを再生する装置である」
[PR]

# by heedoosama | 2007-01-29 05:15 | ことば・おしごと  

ルーマニア語通訳をして(1)

「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」という本をご存知ですか。ロシア語の同時通訳者として活躍され、最近亡くなられた米原万理さんが書かれた、通訳業に関する本です。
私も通訳者のはしくれ中のはしくれですが、通訳で口に糊させていただかせている者として、この本は興味深く読みました。通訳に関する本といっても、堅苦しいメソッドを書いた本ではなくて、爆笑エッセイ(でも読後は知的レベルアップします)です。米原さんの書く「困ったお客さん」や「困った通訳さん」の話は、爆笑しつつ、同じ通訳として共感度1000%です。
「いるいる、こういうお客さん!!」と腹が痛くなるほど笑った後、「いやー、私もこういう翻訳ミスやるよなあ・・・」と過去の失敗を思い出して穴があったら入りたくなったり・・・。通訳でない人でも、もちろん楽しめます。

通訳の仕事の醍醐味は、いろんな場所に行って、いろんなお客さんにお会いすることです。そんな仕事をしていると、面白い体験をするんですが、守秘義務があるので、お客さんのことはブログには書きません。残念残念。

でも今日は米原先生の真似をして、通訳というものについて考えてみたいと思います。米原先生の本の内容とも相当かぶってますが・・・。
ルーマニア語の翻訳者と通訳者がいるなかで、私は主に通訳をしています。翻訳者は紙に書いて訳す人、通訳は喋って訳す人ですね。この2者の最大の違いは、スピードと正確性です。
翻訳は、1ページを訳すのに、締め切りさえ先ならば、1-2日うんうんうなって訳語を考えても良いですが、通訳は、会議中にうんうんうなって訳語を考えていては、クビになります(笑)。そう、通訳にもっとも要求されるものはスピードです。会議では全員が耳をダンボにして、私の訳を待っています。通訳は止まって考えてはいけません。辞書なんてひいている時間はもちろんないです(一度やってみたいけど・笑)。
その代わり、多少の「訳語すっとばし」も暗黙のうちに許されるのが通訳です。翻訳の場合、家の机の前に座って、じっくり訳を考える時間はありますが、「訳語すっとばし」は禁物です。

たとえば、以下のような意味のルーマニア語の文章があったとします:

「ルーマニア政府はチャウシェスク時代に建設された工場の取り壊しを決定し、作業開始したが、やむをえない事情により作業は一時中断された」

これを翻訳する場合は、一字一句残らず訳さなくてはいけません。
しかし、通訳の場合、以下のように訳したところで、会議の流れをさまたげなければ許されます。

「政府はチャウシェスク時代の工場の取り壊しを始めたが、事情により一時中断した」

もちろん、全部一字一句訳すのが理想ではあります。そのための努力は怠ってはいけません。しかし、全部の発言を正確に訳そうとして「『やむをえない』ってルーマニア語でああ言ったほうがいいかな・・・それともこう言ったほうがいいかな・・・」と戸惑い、立ち止まってしまうよりは、よどみなく、要点のみを訳したほうが顧客にとっては安心できる通訳といえます。
短い時間で、とっさに、どこまで原発言を完璧に再現できるか。通訳の勝負どころです。ただし、1時間の会議中、全発言を完璧に1語も落とさずに通訳できる通訳者は、おそらくこの世にいないでしょう。通訳は残念ながらコンピュータではありません。
その場合、「どの部分を削って訳すか」判断できる通訳は良い通訳です。
こういう会話があったとします:

「御社のこの製品は、価格はこれ以上下げられないのですか」

「これに関しては、お手元のパンフレット、さきほどお配りしたやつですね、そちらにも書いてあるんですが、開発期間が3年もかかっておりまして、わが社としても渾身の力で開発しましたので、お安く提供したいのはやまやまではございますが現時点では難しいですね。もちろん今後、さらに開発努力を重ねればコストダウンも可能かとは思いますが、設備投資の問題もありますので・・・」


この後者の発言を、通訳者が即時に訳す場合、以下のようになることが多いと思います:

「安くしたいですが現時点でそれは難しいです。パンフレットにあるとおり、開発期間が3年もかかっていますので。今後も努力すれば可能かもしれませんが、設備投資も考えなくてはいけませんから」

相当、言葉を削っています。しかし、要点は抑えています。

これを、同じ言葉を省略して訳すのでも、

「パンフレットを見てください。開発が大変だったので、安く出来ません。安くするよう努力しますが、今は無理です」

ここまで省略しては、省略しすぎです。忠実すぎる訳は時間がかかりすぎて、顧客をイライラさせたり、不安にさせますが、省略しすぎな通訳も、もちろん顧客を不安にさせます。

通訳は、通訳をする際、以下の作業を行います(逐次通訳の場合)。

1.相手の発言を聞く
2.メモを取る
3.意味を理解する
4.要点は何か把握する
5.記憶する
6.要点に対して訳語を考える
7.相手にわかりやすく文章の組み換えを行う
8.訳を口から発する

1~8の作業を行うのに許されている時間は、数秒以下です。1~8をすばやく行える通訳ほど、削る発言は少なくてすむかもしれません。1~8を瞬時に行うためには、相当の集中力が必要です。
スピードよりも正確性が第一に要求される翻訳は、1日4時間でも5時間でもぶっつづけで作業することができますが、通訳の場合、逐次通訳で1時間でへろへろになります。プロの同時通訳で10-15分で交代するのが常識だと言われているぐらい、通訳と言うのは短期間のすさまじい集中力を要する作業といえます。

私は集中力がないから困ってるんですけどね・・・。会議通訳の前は、脳が働くように、チョコレートと甘い甘いコーヒーで糖分をドカンと摂取します。会議の休憩時間には、コーヒーブレークで出るチョコレートケーキとかを、むさぼり食っていても、そっとしておいてやってください・・・(爆)

(続く)
[PR]

# by heedoosama | 2007-01-28 09:25 | ことば・おしごと  

農耕世界を歌うロックバンド

前回の記事でこっそり(?)アピールしてしまったZdob si Zdubですが、今回の記事でははっきりアピールします(笑)
b0040048_5431230.jpg
ライブ@コンスタンツァ。ピンボケでスマソ。
彼らはモルドバ共和国のバンドです。モルドバ共和国のグループで、ルーマニア語で歌っています。・・・というと、何か思い出す人もいるかもしれません。そう、「恋のマイアヒ」で大ヒットしてしまったO-zoneもモルドバ出身で、ルーマニア語で歌ってました。
O-zoneはあのアホっぽい明るさが素晴らしかったのですが、Zdob si Zdubもアホ的明朗感では負けておりません。

しかし、Zdob si Zdubはアイドルではありません。ロックバンドです。
しーかーも、エスノ・ロック。民俗音楽とロックの融合です。ルーマニアに民俗音楽フィーチャードな曲を歌うグループは数多いけれど、音楽的完成度の高さでは他のバンドは足元にも及びません。伝統楽器を自由自在に使いこなし、かつ完璧にロックに仕立てているのが、もう、あの、すんげーかっこいいんですってば。やばいやばいやばいカッコ良さ。

彼らの曲は、歌詞はルーマニア及びモルドバ及びロマ(ジプシー)の伝統世界をベースにしています。「種を撒け」的な伝統的農耕歌の歌詞をそのまま使用している場合もあります。
「羊飼いが」とか「オレのロバが」とか「トラクターが」とか「おばあちゃんが太鼓をたたいた」とか、歌詞は、相当ふざけてます。ふざけてますけど、マジメにモルドバの、ルーマニアの、伝統世界をたたえています。で、かわいいんだってば。

インターネット世界を見回してみても、すでにsunさんとか、Mishuさんとか、Zombieさんとか、複数の日本人ブロガーさんがこのバンドを紹介しています。日本でもコアな音楽好きにはうけると思う。

彼らの曲が聞きたい人はYouTubeでZdob si Zdubと入れて検索するとイロイロ出てきます。個人的にはこれとかこれが好き。彼らの、このセンスの良さ。民俗的でありながらぜんぜんダサくないんですよ。
どうしてもCD買いたい!って人は・・・ルーマニアかモルドバに来るか、もしくはamazon.comとかamazon.deとかで買えますが、他に何かいい方法、ご存知の方、いる?
b0040048_5463369.jpg                    ミーハーなんです。
[PR]

# by heedoosama | 2007-01-25 05:55 | ルーマニアで芸術