「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

あいのり

11月28日放送分の「あいのり」ですが、ルーマニア編に突入するそうです。
フジTVで23:00から放送なので、要チェックですぞ。

追記:すいません、最初にUPしたとき、時間間違えて書いてました。
ちなみにルーマニア編でラブワゴンを運転しているのは、私です。

嘘。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-23 04:40 | ルーマニア全般  

寒いと思いましたよ

b0040048_7153915.jpg

この写真は何を撮ったものでしょう。ヒントは、たった今うちの窓から撮ったもの。
答え:ブカレストの空を舞う、フケ

んなわけあるか。

現在夜中の12時。外を見たら、ひらひら雪が降っていて、びっくり。もしかして、
うわさに聞く初雪ってやつですか?うわー、すげー。私、トンガで生まれ育ったから
人生で初めて雪を見ました。
だから、嘘ですってば。

雪が降っているのはホントです。しかも、すでに結構、積もってます。
そうかー、最近、ルーマニア人がレベリオン(大晦日)の話題で持ちきりだと思ったら、
もうそんな時期なんですね。秋だと思ってたら、いつの間にやら冬真っ盛り。
ルーマニアでは大晦日の夜を、友人たちといかにバカ騒ぎして過ごせるかが
その年1年の印象を決定すると言われるぐらい、大切な行事です。「レベリオン」
はルーマニアの冬の季語です。

これはフラッシュなしで撮った今現在の、うちの窓からの眺め。上の写真は
フラッシュ使用。
b0040048_7202424.jpg

[PR]

by heedoosama | 2005-11-19 07:24 | ルーマニアの天気  

駐車場がない!

マリチカさんのところから、TBさせていただいてます。

普段ルーマニアについて碌でもないことばかり書いているので、たまには、いいことも書きますぞ。ほら、ブカレストにはこんなヨーロピアン風の素敵な建物もありますよ。国立図書館です。
b0040048_4452274.jpg

とか言いつつ、今回の記事はそういうことが書きたいわけじゃないのです。すんまへん。

この写真で見てもらいたいのは、路上駐車している車の数。

ブカレストの路上は、駐車している車だらけ。現在、ブカレストでは、平均所得が急上昇し、銀行からの融資の一般化ともあいまって、新車を購入する人が増えています。日本の場合は古い車は下取りに出しますが、こちらでは、古い車も持ち続ける人が多いです。なぜか。日本は車1台につき、車庫証明が必要で、駐車場代が大変ですが、こちらは車庫証明は必要ないのです。車を100台買っても、路上駐車させとけばオッケー。だから古い車も、セカンドカーとしてとっておいても、大して経費はかからないというわけです。

というわけで、新旧含めたさまざまな車が、そこらへんも路上に駐車されています。
一般的に、アパートにも住民専用の駐車場がついているところは少ないです。アパートの前の道路にテキトーに駐車するだけ。それも早いもの勝ち。

もちろん、車の通れるスペースは少なく、したがって、道路は大混雑大渋滞しています。
ブカレストにお出かけの方、車での市内移動を考えていらっしゃるなら、時間に余裕を持った行動をおすすめします。

ブカレスト市では、立体駐車場がようやく建設中だったり、巨大地下駐車場を作るプロジェクトもありますが、果たしていつできるのでしょうか。毎年、新車だけで販売台数が20-30%とか上昇している今の状態では、ジリ貧です。ちゅーことはですよ、このペースが続けばあと5年でブカレスト市内の車の数は今の倍になるってことですか。一方、市が計画している地下駐車場なんて、どうせ焼け石に水だし、ますます市内は身動きが取れなくなることいは、必至。

私が来た5年前は、市内の渋滞なんてほとんど無かった気がしますが・・・。発展している国の勢いを感じますが、すでに飽和状態に来ている気もします。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-19 05:04 | ルーマニア全般  

腰くだけてください

以前、陶器を買いにルーマニアのホレズという町に行った話を書きました(こちら)。
その時に「あんたさあ・・・」と同行した友人たちに、あきれられながら(ひかれながら?)
も買った、キッチュな陶器の壷があります。
b0040048_5584168.jpg

なんですか、この。ハニワですか?伝統工芸ですか?ふざけてませんか?
いや、他にもホレズには素敵でマトモな陶器は山ほど売っているのですが、私は
これを買ったことをみじんも後悔しておりません。すばらしいです、ルーマニアの
伝統工芸。この腰くだけ感がたまらんのですよ。

・・・と、このように悦に入っておったわけですが、先日セルビアに旅行に
行ってきた
際、さらにこれを超える陶器の壷を発見してしましました。
ああ、その壷を発見したときの私の驚きと言ったら・・・

「バルカンにはまだまだ上には上がいた・・・」

それほどまでに、私を打ちのめしてくれました。

                  ↓
                  ↓
                  ↓
                  ↓


b0040048_64392.jpg

えーと。19世紀のセルビアの壷、だそうです。伝統工芸だそうです。
当時の王様の顔だそうです。
バカ殿様か?

以前もこのブログで、ヘタレ宗教画をご紹介しましたが、バルカンのポピュラー
アート、まだまだ要注目です。腰くだけましたか?
[PR]

by heedoosama | 2005-11-18 06:10 | ルーマニアで芸術  

政府の建物へ行く

b0040048_4173569.jpg通訳のお仕事で、内閣府の建物に侵入しました。ブカレストのヴィクトリエイ広場にあるあの無味乾燥なでかい建物ですよ。ここは、首相が普段いるところで、ルーマニアの政府関係の建物の中でも特に警備の厳しいところです。入り口にも兵隊さんがいっぱい立っていることもさることながら、中に入る人は、ID(パスポートとか)を見せないと絶対に入れません。
1回目、パスポートを持参するのを忘れて「入れてー、入れてくれよー。ウフーン」とダダをこねてみましたが、だめでした。コトロチェニ宮殿(大統領官邸といちおう言われているところ。大統領はそこに住んでるわけではないそうですが)ですら、パスポート忘れても、くずったら入れてくれたのに。つーか、仕事で必要な時はパスポート携帯しろよ、自分。

てなわけで、そんなに警備の厳しい内閣府の建物、まず入り口でパスポートを提示します。
そして、警備員が規定の用紙ににパスポートナンバーなどを書き込み、さらになぜかPCにも同じことを入力しています。

PCにだけ入力すればいいじゃん。

と激しく思いますが、まあそれは良しとしましょう。
おかげで、それだけで10分ぐらいかかります。その後、パスポートと引き換えに入館証をもらい、今度はボディーチェック。空港にあるような金属探知機ゲートを2つもくぐります。
その後は、かばんを検査。空港にあるような機械に、かばんを通します。危険物、録音機などはここで没収されます。

「さすがすごいセキュリティだぜ!」と思ったのですが。。。一緒に行った知人は足を骨折していて、足にボルトが6本入っているのに、2つの金属探知機ゲートのうちどっちも反応しませんでした。
意味あるのか、金属探知機ゲート・・・。
次に行く機会があれば、スーツの下に鎖帷子(くさりかたびら)でも着込んで、金属探知機にケンカを売ろうと思います。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-17 04:23 | ことば・おしごと  

EDになりました

すみません、更新が遅れていて。いつものことですが。
コメントのお返事も滞っております。とか言うと、莫大な数のコメントが寄せられる
大人気サイトのような響きがありますが、全然そんなことはないですね。はい。

書きたいネタはあるのですが、いかんせん、最近忙しくてヒーヒー言っています。
と言っても、東京の一般的サラリーマンの10分の1ぐらいしか忙しくないんですが、
要するにオレ様脳内CPUの処理速度が遅すぎるのですよ。

最近寒いんですが、冷え性の私にはツライ季節がきたなあという感じです。
そこで、薬局のサプリコーナーで見つけた錠剤。「GHIMBIR」とでっかく
書いてあります。意味は「生姜」。
「へー、生姜かあ!冷え性によさげじゃない?」と思って、購入。家に帰って
よく見たら・・・パッケージの横面に「効能:勃起不全改善」と書いてあります。
EDですか、私は・・・ orz

ルーマニアでは生姜は男性機能の改善に良いそうです。そういえば、前にも
書いた気がしますが、セロリも精力増大効果があるって言われてるし。生姜も
セロリも好きですけどね。

セロリのスープを飲んで、生姜サプリを摂って、今日もムンムンですよ。いや、
叶姉妹も毎日スッポンスープを飲んでるらしいし、最近、はやりみたいですよ、
おやじ型ムンムンギャル。ていうか、叶姉妹ってもう古いんですか、日本では。
ネタが古いのも、海外生活者らしくていいじゃん、と笑って許してくれい。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-10 04:40 | 日々  

セルビアに行きましたよ ~メシ比較編~

セルビア旅行の話をひっぱります。

メシはどうだったかというとですね、セルビア料理について語ろうとしても
snow62さんちで食ったビビンバがうまかったとか、An-chanさんちで
食ったシメジの味噌汁また飲みたいなあとか、セルビアブロガー様
たちが日本食に飢えた私のために作ってくださった、すんばらすぃ~手料理
の数々が思い出されてしまって・・・。で、肝心のセルビアのメシについては
あんまり覚えてないんですが、少ない脳みそを叱咤激励して思い出して
みます。やっぱですね、海外、しかもルーマニアなんていう、日本食があまり
食べれない国にいると、どこ行っても結局日本食が有難かったりします。

セルビア料理、ブカレストのセルビアレストランでも何度も食べたのですが
今回も再認識したことは「基本的にルーマニア料理と近い。しかし、さらに
肉」ということです。「さらに肉」とは、O-zoneの「恋のマイアヒ」空耳Flash
に出てくる歌詞ですが、まさにそんなかんじ。肉!肉喰え!!それがセルビア
料理。
b0040048_3514268.jpg

この写真はベオグラードの伝統的レストランで撮ったのですが、この巨大
ハンバーグのボリュームを見てください。ルーマニアにもハンバーグ的な
ものはありますが、ここまでハングリータイガーなものはありません。皿は通常の
サイズの大皿です。ケーキ用の小皿とかじゃないですよ。念のため。

そして、横の「赤ピーマンのマリネ」。これはルーマニアもあります。へーどーの
好物です。「あ、これルーマニアでもよく食べてるし、注文しよう♪」と何も
考えずに頼んでみたのですが、実物を一口食べてビックリ。生のにんにくスライス
が、かかっています。うひょー。ルーマニアでは、それは禁じ手ですぞ。
別のベオグラードのレストランでも同じメニューを頼んだら、やっぱり生にんにく
がついていました。口くさい。美味しかったですが。

要するに、総括すると、「セルビア料理はルーマニア料理と似ている。しかし、ボリューム
が多かったり、にんにくが効いていたり、より男らしいメニューである」ってこと
ですね。セルビアでは、あごひげの生えたオバチャンを見ましたが、男らしかったなあ。
メシのせいか?
[PR]

by heedoosama | 2005-11-02 04:08 | ブルガリア&セルビア  

セルビアに行きましたよ ~セルビアの教会で~

セルビア旅行の話の続きです。

ベオグラードの城砦をうろうろしていたら、城砦に付随する教会を見つけました。
おおっ、教会はすごい人だかりです。
b0040048_30387.jpg

そこらへんにいた人をとっつかまえて聞いたら、この教会は聖ペトカちゅー
有難い聖人を祀っていて、たまたま今日がその聖ペトカの日なんだそうです。

しかし、気づいたら教会の前庭には、人がたくさんかがみこんで、何かを
探している様子。
b0040048_311030.jpg

「きっと誰かがコンタクトレンズを落としたので、皆で探してあげているに
違いない。さすが親切なセルビア人だ!」と勝手に納得していたのですが
よーく見たら、どうも違う様子。そこで早速、再び罪のないベオグラード市民を
とっつかまえて「ナニ探シテルアルカ?」と聞いてみました。私の乏しい
英語能力と、相手のさらに乏しい英語能力及び渾身のジェスチャーをつなぎ
あわせて判明したところによると、皆が芝生の間を探しているのは、麦の実。
司祭がお清めしたムギをばら撒いて、それを探し当てた人には幸運が
訪れるそうです。何人かの人は実際に見つけていて、嬉しそうに帰っていきました。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-01 03:10 | ブルガリア&セルビア  

セルビアに行きましたよ ~セルビアのブロガー~

セルビアでは、いつもブログで交流させていただいているAn-chanさん
snow62さんのお宅にお邪魔しました。

セルビアではめちゃんこ親切な人にたくさん出会ったのですが(バスターミナルで
迷っていたら、セルビア人の女の子が手を引いて切符売り場まで連れて行って
くれたり)、この日本人のお二方も、素晴らしい人格者でした。ああ、爪の垢
もらっときゃよかったなあ、って後悔するくらい。煎じて飲みますよ。

ルーマニアから来た得体の知れないブログ書きを家に泊めてくださった、美人の
An-chanさん、ブログに私が書いたコメントを覚えていてくれて私の好きな鮭の
照り焼きを作ってくれたsnow62さん、お二人の親切には頭が下がります。
いつか必ずルーマニアにも来てくださいね。ルーマニア名物、灰色のマンションに
泊まっていただきます(爆)

An-chanさんの町にあった、マクドナルド。ひえー、マクドナルドの建物まで
かわいいですよ。何なんだ、セルビア。b0040048_2154356.jpg
[PR]

by heedoosama | 2005-11-01 02:37 | ブルガリア&セルビア  

セルビアに行きましたよ ~比較考察編~

4日間、お隣の国セルビア共和国へ行ってきました。遊びに。

電車で行ったのですが、ブカレストーベオグラード間の往復寝台は250レイ(約1万円)
でした。国境では何も特に聞かれることなく通過。えがったえがった。

ベオグラードでは観光しました。てくてく歩いて。ベオグラードには城砦があって、そこに
登ったんですが、眺めサイコー。サバ川とドナウ川の合流地点が見えるのです。
サバ川には鯖は、いません(私、最低ですか?)。
b0040048_1125953.jpg
川のある街ってやっぱりいいですね。わが街ブカレストですか?あー、なんかありますね、ドゥムボビッツァ川とかゆー、チェウシェスクが掘った運河が。限りなく淀んでいる、ブカレスト名物の川。

ベオグラード、町並みもきれいです。建物カワイイ。
なんと言ってもすごいのが、ブカレストにあるような、典型的共産主義的ちっくな
灰色に煮しめたようなマンション郡がないということ。マンションはあるんです
けど、ちょっとかわいいの。
茶色い民族調の屋根が乗っかってたりして。
b0040048_121318.jpg

その他、古そうな建物もきれいにペンキ塗られてます。すごいすごい。って
いうかそれがあたり前なのね・・・ブカレストにいると、建物というのは
すべからく排気ガスにまみれて灰色であるべし、というのが万有引力の法則より
確かなものという気がしていたのですが。そんなの嘘だったのね。おかーちゃーん。
b0040048_1402050.jpg

b0040048_1413579.jpg


で、まあ、ピザはうまいし、高速道路に穴はあいてないし、An-chanさん
セルビア人のだんなは私のルーマニア人の彼氏よりカッコイイし、
ついつい全てルーマニアと比較して、「いけてるやん、セルビア!」
と臍を噛む思いをしてたのですが(これって「隣の芝生は青い」ってやつ?)。
でも、セルビアでわが国ルーマニアの国産車ダチア・ロガンを見たときには
思わず「おお!!」と喝采してしまい、「やっぱ何だかんだ言って、私って
ルーマニア愛国者」と自覚してしまいました。こちらは、ベオグラードの街の
中心にあった、ルーマニア資本のコンピューターショップ。思わず嬉しくなって
写真を撮ってしまいました。ちょっと己の中に眠るルーマニア右翼ちっくな自分を
発見してしまいました。
b0040048_156471.jpg
[PR]

by heedoosama | 2005-11-01 02:04 | ブルガリア&セルビア