<   2005年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

ブカレストで一番の・・・

夏!夏が来ました!暑いです。ブカレストの夏は気温が40度にまで上がります。
夏といえばビールとミティテイがルーマニアの定番。というわけで、食べてき
ました、ミティテイ。

ミティテイというのはルーマニアの国民食で、豚挽肉と牛挽肉(時には羊肉も)
にスパイス類を混ぜて、こねこねして、棒状にまとめたものを炭火で焼いたもの。
「野外で焼く棒状ハンバーグ。中は生焼け」と思っていただければ結構かと。
冒頭に書いたように、ビールといえばミティテイというのが夏のお約束。日本人は
「ビールに枝豆」というように、植物性たんぱく質の摂取に努めますが、ここ
ルーマニアでは肉!夏ばてしてても肉あるのみ!ってなもんです。

ミティテイには、皆が一家言持つこの国において、私は複数のルーマニア人
からある証言を得ました。それは・・・
「ブカレストで一番美味いミティテイを食べさせる店がある」

そりゃ聞き捨てならん、という訳で行ってみたのがバニャサ空港の近くに
あるレストラン、La Cocosatu'です。店名は「せむしの店」という意味です。
ミティテイを焼いている人がせむしなんだそうな。
この店のミティテイが美味しいのは、ただ単に肉がいいだけではなく、隠し味
があるのだとか。それは、牛の骨髄。長時間牛の骨を煮込んで、中から
トロトロになった骨髄を取り出す。それを、肉に混ぜ込むのだそうです。
牛の骨髄とは狂牛病が怖いところですが・・・うーむっ、なんかいかにも旨そう
です。

店の前には、どでかいバナーで「ブカレストで一番美味しいミティテイあります」
と書いてあるではないですか。いやがおうにも高まる期待感。

しかし、私たちが到着した時間は、午後4時という「昼飯時でもなく、夕飯時でも
ない」という中途半端な時間帯だというのに、店内も、外のテラス席も満席。
すごい人気です。これは、相当美味しいものが食べれるに違いない!

なんとか空いている席を見つけ、着席しましたが、そこは日差しがモロにあたる席。
午後4時とはいえ、太陽は真上からガンガン照り付けてきます。
あ、暑い・・・ていうか、もはや「熱い」。
暑さに耐えながら待っていたら、でてきましたミティテイ様が。
b0040048_3393921.jpg

で、お味のほうはというと・・・実は、ミティテイが運ばれてきた時点で、すでに
暑さによりギブアップ状態だった私。「そうめん・・・そうめんが食べたい。
流しそうめんはドコ・・・?!」ってな状態でしたので、とても肉の塊を咀嚼する
気力は残されていませんでした。いや、美味しかったんですけど、なにせ
「暑い」という文字が脳内99%を占めていて、それどころじゃなかったのです。
相方はというと、これはルーマニア人なので人生で今まで数百個のミティティを
食べてきたと思われ、意見を伺うと、「美味しいね。でも・・・この席・・・暑い・・・」
とのことでした。

えー、てなわけで、「日が暮れてから行けば、おそらく美味しい」と思われる
ミティティでした。すいません、こんなグルメレポートで。
ただし夜に行かれる場合、混むので予約が必要かと。昼の場合は、日陰の
席を予約することを強くお勧めします。
b0040048_3424528.jpgLa Cocosatu'
Tel.021-232-8796
Str.Neagoe Voda nr.52A, Bucuresti
[PR]

by heedoosama | 2005-06-29 03:45 | ルーマニアで食事  

Book baton

suikanさんから、本のバトン企画がまわってきました。
今度は、自分の思い入れのある本は何かなどのアンケート項目に
答え、それを次のブロガー5人にまわす、というもの。
先日まわってきたmusic batonの本バージョンなのですね。

1.持っている本の冊数
ルーマニアにある分ではおよそ250冊程度。ルーマニア語の本も
含まれてます。でも日本の小説が殆ど。

2.今読みかけの本
C.ブコウスキー「くそったれ!少年時代」。これが終わったら
P.オースター「リヴァイサン」に移行しようかな。

3.最後に買った本(既読、未読問わず)
村上龍「限りなく透明に近いブルー」のルーマニア語訳。
いきなりタイトルが誤訳で気になったので、ツッコミ入れてやろうと
思い、購入。性格悪いですね。でもまだ読んでねー。

4.特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)
5冊しか選べないなんて・・・難しい選択です。

①ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」
どのページを開いて読んでもエキサイティング。
新潮文庫の上手いんだか下手なんだかよくわからない翻訳も大好き。
登場人物がなんでみんな「へ、へ、へ・・・」って笑うんですか?

②ソルジェニーツィン「イワン・デニーソヴィチの1日」
強制収容所もの、好きなんですよ(どういう趣味だ)。

③「東欧を知る辞典」平凡社
読めば読むほど面白い。東欧に住む人、興味のある人、これ買っといて
損は無いと思いますです。ミラクルワールド東欧を堪能。

④須賀敦子「トリエステの坂道」
イタリアに住んだ著者が、異国生活について書いている本。でも、
決して自慢話ではなく、文体はあくまでも美しく、また
著者の異国に住む孤独がひっそりと透けて見えるような本で、
読んでいて切なくなりました。でもどこかすがすがしい。潔い。
外国に住む私に、日本の友人がプレゼントしてくれた本です。感謝。

⑤J・アーヴィング「ガープの世界」
読後、「生きててよかった!人生は美しい!」と号泣してしまいました。
著者の意図にモロにはまってる、自分(笑)

5.バトンを渡す5名

今回は、music batonの時と違って、ちゃんとバトンをまわすぞう。
回答者の皆さんの国にバラエティーを持たせるよう、心がけました。
回ってきた方、もしご迷惑でしたら、うっちゃってください。
でも皆さんの好きな本、知りたいな~。

日本代表:「いんこのメモ帳」のいんこさん
ハンガリー(?)代表:「Grinzingi borozó 」のhadzsiさん
セルビア代表:「はじめての人のセルビア生活」のAn-chanさん
チリ代表:「ちりぢり草」のラウタ郎さん
ルーマニア代表:「Yuquita in Romania」のじゅき~たさん
[PR]

by heedoosama | 2005-06-27 13:58 | 日々  

ルーマニア的豆腐料理

ルーマニアのスーパーでも豆腐を売っています。TofuもしくはBranza de soia
(大豆のチーズ)という名で売られています。
ルーマニアでは、正教徒が宗教上の理由により、一時的に菜食主義者に
なる時期があり、こういう製品の需要もそれなりにあるようです。私の知り合いの
ルーマニア人女性でも、週に一度だけ菜食の人もいます(毎日ベジタリアンな人は
少ない)。

ルーマニアで売っている豆腐、日本の木綿豆腐に似ていますが、それよりも
さらにボソボソしていて、塩味がついていたりします。ピーマン味のやつも
ありました(^^;)。下は、ウチの近所のスーパー、GIMAで売っていた豆腐。
大きさがわかりやすいよう、携帯電話と一緒に撮ってみました(こういう時、
家にタバコがあると便利ですね・・・)
b0040048_3353258.jpg


和食に使う場合、水にしばらく浸けて塩気を抜いたほうがいいようです。
ルーマニア版豆腐のいいところは、水気が少ないので崩れにくく、マーボ
豆腐等炒める料理にむいています。日本だと、おもしをして水抜き
するのが面倒ですよね~。

てなわけで、ウチでよく作るルーマニアの豆腐を使った料理のレシピを
Upいたします。生活の知恵~。

<あんかけ豆腐>
材料:
豆腐 300グラム
にんじん 中半分
たまねぎ 中4分の1個
干ししいたけ 2枚
ぬるま湯 200cc
片栗粉 少々
小麦粉 少々
しょうゆ 小さじ1

1.干ししいたけはぬるま湯に浸けてもどす。削ぎ切りにする。戻した汁は
とっておく。
2.豆腐は1センチ程度の薄切りに。小麦粉を薄くまぶす。
3.にんじんは細切り、たまねぎは薄切りに。
3.鍋に先ほどのしいたけ汁、しいたけ、にんじん、たまねぎを入れ、
しばらくグラグラゆでる。
4.フライパンに薄く油を引き、豆腐を入れる。片面がこんがり焼けたら、
ひっくり返し、もう片面も同じように焼く。
5.鍋の中の材料がやわらかくなったら、しょうゆで味付けする。水溶き
片栗粉を入れる。
6.5をフライパンに入れる。完成。Din dragosteaを観ながらいただく。

完成図。我が家の手入れのなっていないフライパンとともに。
b0040048_344574.jpg


ちなみにこのTofu、一般にルーマニア人はどうやって食べているかというと、
冒頭に書いたとおり「チーズ」扱いですから、パンと一緒に生で食べたり
するようです。おぇっぷ・・・。

あと、チャウシェスク時代に、食料統制をしており肉が手に入らず、大豆製品
ばかり食べさせられて記憶があることから、豆腐に対しナガティブなイメージ
を抱くルーマニア人も多いよう(肉より劣る、まずい製品というイメージ)。
ウチの彼氏の弟が遊びに来たときもこの豆腐料理を作ったら「豆腐?
いやだな~」という顔をしていましたが、「食え!オラ!」と有無を言わさず
食べさせたら、「うまいやんけ!」と感心してました。やりぃ~。
[PR]

by heedoosama | 2005-06-26 03:50 | ルーマニアで食事  

クラヨーバ、いけてるやんけー!

先日の日記でも書きましたが、ひつこくルーマニア南部の街、クラヨーバに
行った時の話を書きます。この街、想像以上にきれいで、びっくらこきました。
だって、ブカレストの人はクラヨーバを中心とするオルテニア地方のことを
「遅れてる地域。アホな田舎もんばっかり」ってかんじでバカにしているのですが。
なんせ、「もしもノミが蛍のように光を発するならば、クラヨーバはラスベガス
のように光り輝くであろう」
なんていうジョークがあるぐらい(すごすぎる・・・)。

ところがどっこい、行ってみたら、ぜーんぜんブカレストよりきれいで、美術館も
大学も立派なのがあって、いいかんじ。
常日頃ブログで世界に向けて写真の腕の無さを披露しているへーどー
ですが、今日も性懲りも無くいってみよー!
b0040048_2443235.jpg

クラヨーバの隣村にある修道院。有名な壁画があるらしいけど、門が閉まって
て入れませんでした。「こおおんにちわあああ」と声を限りに叫びましたが
ガン無視されました。

b0040048_246415.jpg

クラヨーバの街角。

b0040048_2481398.jpg

クラヨーバ大学。白すぎてまぶしかったです。排気ガスにさられて泥色に
なったブカレスト大学とえらい違いだ・・・。

b0040048_249226.jpg

なんかルーマニア正教の教会。
[PR]

by heedoosama | 2005-06-25 02:50 | ルーマニアで旅行  

Musical Baton

ドナウ皮、じゃない、ドナウ川を渡ってお隣の国、セルビアよりへーどーのもとに
指令が届きました。「アンケートに答えるべし。答えないと、ストイコビッチを送り
込んでかかと落とし食らわすぞ」とのメッセージ。というのは嘘ですが、セルビア
ブログのAn-chanさん
から世界中ではやっているらしい、ブログ流
チェーンメール?をくれました。ありがとーー!ワシ、田舎に住んでるから友達少ないから
そんな企画知らなかったよ・・・。
なんでも以下の質問に答え、それをさらに他のブロガーにバトンタッチ
していくのだとか・・・。

1:Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


 6.3GB。同居人のPCで音楽を聴いているので、私の愛機には
あまり音楽は入っていません。

2:Song playing right now
 (今聞いている曲)


 OASIS/Be Here Now(今、これを書こうとして英語のhereの
スペルがわからず、あせりました。終わってます、自分)

3:The last CD I bought
 (最後に買った CD)


 Alaniss Morissette/ So Called Chaos
この間日本に帰国したとき、買いました。ルーマニア、輸入CD高いのよー。

4:Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)


 Zdob si Zdub/Videli Noci
 お隣のモルドバ共和国出身の民族音楽的ロックバンド。これは珍しくロシア語で
 歌っている曲(普段はルーマニア語)。切ないけど、元気の出る曲です。泣けるー。

 The Beatles/Abby Road
 すいません、このアルバム全曲。選べません。
 
 Bob Dylan/Like a Rolling Stone
 ボブ様はやっぱ、必須でしょ。

 Kula:Shaker/Hey Dude
 大学生のとき聴いて衝撃的でしたが、今でも何度聴いても色あせない。
 
 Hi-Q/Poveste fara Nume
 ルーマニアのアイドルグループ3人組。ルーマニアの「お気楽、アホ」な夏を
 体現しています。こいつらの曲聞くたびに「あー、やっぱルーマニアはええのう」
 と思わせてくれます。アホで意味の無いところがいいんですよー。

5:Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5名)


  す、すいません、あまりの友達の少なさに思いつきませんでした・・・。しょぼん。
  「ブログ界でもっと友達作るべき・・・?」と3日ぐらい悩みました。(嘘です)
  An-chanさん、許してー!
  
[PR]

by heedoosama | 2005-06-25 02:11 | 日々  

市場にて

かわもと子さんのんさんじゅき~たさんのブログでも書かれていますが、
ルーマニアの野菜や果物は、安い!美味い!

てなわけで、私も買いました。市場でさくらんぼ、1キロ3万レイ(約120円)なり。
キロ単位で果物売るのが、すごいですね。その場で、はかりに入れて売ってくれます。
ルーマニア人は4キロとか一気に買っていますが、コンポートやジャム類にする人
も多いようです。
b0040048_542299.jpg


今回、さくらんぼを売ってくれたのは、こちらのセクシーおねえちゃん。
「やっだー。写真?アタシ、今日ちゃんとした格好してきてないわよ」
いえいえ、充分おきれいです。
b0040048_574999.jpg

[PR]

by heedoosama | 2005-06-23 05:09 | ルーマニアで食事  

クラヨーバ旅行 オルテニア博物館

クラヨーバ日帰り旅行の話の続きです。

クラヨーバにはオルテニア博物館というのがあります。
これは、クラヨーバを中心とする、オルテニア地方の歴史についていろいろ展示
しているところ。ま、せっかくだから、オルテニアについて学ぶべえ、と
なんとなく入ってみました。写真はこちらのサイトで。
蔦に覆われすぎて、蔦に取り込まれているというかなんというか、建物ちょっと
怖いです。

先史時代に始まり、ローマ軍のオルテニアへの進軍、中世教会美術、17世紀の
英雄、19世紀の農民蜂起、露土戦争・・・と時代を追って、各部屋ごとに
オルテニアの歴史がわかるようになっているのですが・・・。
1859年のルーマニア統一の後、次の間はすでに1989年のチャウシェスク
を倒した革命について展示してます。いきなり展示が飛んでいるんですけど、
どうして?

普通なら
①1859年、ルーマニア統一
②1881年、国王カロルI世即位、その後王制続く
③1948年、共産党による一党独裁政権始まる。国王亡命。
④1989年、チャウシェスク政権、革命により終了
となるはず。しかし、②と③がすっとばされているのです。

この理由を、私なりに考えた結果は次のとおりです:
まず、この博物館は共産党政権時代に建てられた。だからその当時は、
王制に関する展示を行うなんてとんでもないこと。共産党政権をたたえる
展示をたっぷり行っていた。
しかし、1989年の革命後、共産主義時代への反動から、共産主義に
関する③の展示は取り払われ、革命の英雄をたたえる展示を行った。
この際、②の王制に関する展示を新たに行いたいが、予算不足で
展示物を手に入れられないので、そのままになっている。

この博物館、ある意味、20世紀のルーマニアの、「王制がタブーとされる
共産主義時代へ、そして今度は共産主義がタブーへ」というイデオロギーの
変遷を体現しています。
興味のある人は、どうぞ(歴史に興味の無い人には多分おっそろしくつまらんです)。
Muzeul Olteniei
Str. Madona Dudu 11, Craiova tel:0251.418.631
[PR]

by heedoosama | 2005-06-22 14:06 | ルーマニアで旅行  

クラヨーバ美術館

で、クラヨーバに行ったわけですが、今回のお目当てはクラヨーバにある美術館
でした。ここの美術館、世界的に有名な彫刻家ブルンクーシの作品、「接吻」を
所蔵しているのですよ。ブルンクーシは日本ではブランクーシと言うのが通例に
なっているようですが・・・。イサム・ノグチも彼の弟子だったそうな。

この「キス」という作品ですが、こちらのサイトで写真が見れます。
写真で見ると、まあ大した事は無いのですが、実物はちょっとした小宇宙を中に
抱えた不思議な物体、というかんじでした。素直に言って、感動しました。
ここの美術館、テオドール・アマン、ニコラエ・グリゴレスク(10万レイ札に書かれ
ている画家)といったルーマニアを代表する画家の作品も多く展示してあり、ルーマ
ニア美術も小品が多いながら、やるのう、というかんじです。

ご覧のように、建物もなかなか美しいです。20世紀初頭、ルーマニアには多くのフランス
の建築家が呼ばれ、パリ貴族風の建物が建築されましたが、これもそのひとつ。
b0040048_444090.jpg

内部の展示室も、あきらかに以前はダンスホールだったような豪華な部屋もありました。
圧巻は、正面玄関入ってすぐ、の階段ホール。「おーっほっほ、私を女王様とお呼び」
と言いながらマリーアントワネットが降りてきそうな、いわゆるお姫様階段が!
ビロードの絨毯、彫刻入りの手すり、シャンデリア、大理石の柱・・・「こんなところを
ドレスの裾をひるがえして降りてこれたら楽しかろう」と妄想していたら、なんとそこで
ウェデシングドレス姿の花嫁さんの記念撮影がほんとに始まってしまいました。
なんで、美術館で花嫁さんが撮影を・・・(苦笑)

この美術館、建物は美しいし、展示もいいし、入館料は安いし(2万レイ=80円)、
ほぼ言うこと無し!なのですが、問題がひとつ。客は私たち2人だけで、
館員が暇だったのか、盗難対策に人間警報機システムを採用しているのか、
どこに行くにも、後ろに館員が2人ずーーーっとくっついてくるのです。
すばらしい絵画なぞ、ゆっくりその世界に浸りながら眺めたいのですが
背中に視線を感じて集中できないっちゅーの(苦笑)

ま、ちょっと集中して展示を見にくいところですが、かなり見る価値ありの美術館
でした。ブカレストからバスで日帰りで行けたので、暇な人はぜひ。
Art Museum
Calea Unirii, Craiova tel.0251-412-342 毎日営業
[PR]

by heedoosama | 2005-06-21 04:13 | ルーマニアで旅行  

バスで旅行

週末、旅行に行くはずが国鉄のストが終わらず・・・結局、ホテルもキャンセルする
ことに。
かと言って、せっかくいい季節なのに、ブカレストとじっとしているのも勿体無く、
比較的ブカレストに近い町で、バスで行きやすい街に行こう!ということになり、
行ってまいりました、クラヨーバ(Craiova)。
カタカナ表記だと、クライオバとかクライオーバとかいろいろ書き方があるみたい
ですが。

普段は電車で移動が多いのですが、たまに乗ったバスも、これがどうして
なかなか悪く無かったです。
私+日本人の友人で、バスの運転手の後ろの席に座ったのですが、
運転手にいいかんじにからまれまくり。「おめーら、なんでバス代金集めるの
手伝ってくれねーんだよー」「マジ俺らお前らに惚れたし。ていうか、俺、サイテー?」
とか暇らしく、すてきな会話を楽しまれてました。(いや、私も楽しみましたが)

このドライバーにいちゃん、うちらがドライブイン(という名のただの店)で休憩中、
カメラをいじってたら「俺撮って。っていうか、撮れ」って言ってきたので、撮って
あげました。
しかし、まだこっちがピントあわせている途中に「撮れた?ちゃんと撮れた?
ていうか、ちゃんと写真くれよ」と喋りまくり。ごらんの写真は「写真くれよー」
とせまっているお姿です。あらためてよく見ると、すんげえ腕毛。
b0040048_3372493.jpg


なお、そのドライブインのトイレはトルコ式便所、いわゆる「足置くところ付き穴」でした。
[PR]

by heedoosama | 2005-06-21 03:40 | ルーマニアで旅行  

給料上げて欲しいらしい

CFR(ルーマニア国鉄)のストライキが6月7日から続いています。
この間、毎日の電車は通常の3分の1の本数しか運行しません。
今回ストを行っているのは主に運転士で、給与の10.7%上昇
などを要求しています。
CFR側の説明によると、現在労組の話し合いは集結しておらず、
ストはまだ27日ごろまで続く見込みとのこと。なお、CFRを管理する
運輸省は、今回の労働者側の要求に答えるため、来月からの
運賃値上げを決定しています。

てなわけで、今週末に予定していた私の旅行もキャンセルしなきゃ
いけないようです。ううう。ドロベタ・トゥルヌ・セベリンに行こうと
していたんですが。

ちなみにストライキの間、バス会社が大もうけしているそうです。
市営のバス会社は増便して、値下げもして、この期を逃すまじとお
客の取り込みに頑張っているそうです。えらいなあ。
それに比べて国鉄はストだし、値上げするし・・・ますます競合
路線のバスに客を取られちゃいますね。

調べてみたところ、ルーマニアの統計資料によれば、「陸上の
交通機関で勤務する人」の手取り平均給与は約2万円ちょっと。
これにはCFRの管理職クラスの人、バス会社の人、タクシー会社
の人、トラック会社の人、などもいっしょくたに含めれているの
で、国鉄の一般の運転士の給料というのははっきりとは判りま
せんが、おそらく1万5,000円程度ではないかな、と推測されます。
物価の値上げの激しい昨今、これでは生活できないのは明らかで、
ストもいたしかたないかな・・・とは思うのですが、それにしても
スト期間長すぎー!
[PR]

by heedoosama | 2005-06-17 14:12 | ルーマニアのニュース