<   2005年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

引越し騒動記

前回の日記で引越しのことを書いて「エレベーターが壊れた」と
言いましたが、その後修理の人が来て、午後には直りました。いやー、
良かった良かった。

しかし騒動はそれだけでは治まらなかったのです。引越しの手伝いに
来るといっていたルーマニア人の友人が来なかったのです。
「オレの車大きいし、手伝うよ。お礼?いらないいらない。まかせといてー」
と調子だけは良かったのに・・・。見事、すっぽかされました。
調子のいいこと言っといて、行動しないとは、さすが有言無実行の国
ルーマニアだ!おのれーくそーーー!!と、歯ぎしりしていても仕方ない
ので、彼氏のセダンで、細々と荷物を運ぶことに・・・。車で4往復も
しましたよ。
さいしょっから来れないなら「来れない」って言ってくれればいいのに、
そしたらこっちも別の人に頼むのに、なんで言葉だけは威勢いいんですか
ね?でもこれって、ルーマニアではありがち。

それがまた、私の荷物が大量で、一体「4年半のルーマニア生活でなんでい
つのまにか、こんなに大量の物が集まってしまうのか?」と自分でも驚いて
しまう荷物の多さ。彼氏と2人で運んでも、1人は車の番をしていなければ
ならないため、どうしても交互に運ぶしかない。で、チマチマと時間が
かかってしょうがない。
で、夜になって、彼氏のお父さんがヘルプに来てくれました。

彼パパの加勢で、なんとか荷物を運んで、新居のアパートでぐったりしていたら、
彼パパ、きょろきょろ新居の中を見まわしだしました。

このパパ、実は大の日曜大工好き。ルーマニアでは、日曜大工でいろいろ
と器用にイスだとか犬小屋だとかを建てる人が多く、DIYのお店も
土日は元気なパパで大賑わい。で、このパパに至っては現在自分で
家を建設中というぐらい、大工仕事が好き(でもルーマニアでこういう
おじさん、珍しくないです)。
「食器棚が足りなーい!」パパ、おもむろに叫びました。
「もう一つ勉強机も必要だな。靴を入れる棚も作ろう。居間のテーブルもいるな」
そう、パパ、私の新居の家具作りという、新たな使命を見つけてしまったのです。

あ、あ、あ・・・と思うまもなく、もうパパは壁の長さを測って、頭の中で
設計図を描いています。
私としては、机の1個ぐらいは作ってもらってもいいけど、それ以上となると、
気を使うし、遠慮したいところ。また、自分でお店で買ったほうが好みのデザイン、
品質が選べるし、しかも手っ取り早い、と思うのですが。もうパパは俄然やる
気なので、なんだか断りにくい・・・(←気弱な日本人)

で、この話をした2日後にパパから電話があって「食器棚できたよ」との
連絡が。幸か不幸か、パパは有言実行の人であった・・・。
もちろん、ありがたいんですが。私は引き出しつきの棚が欲しかったんですが、
パパは「引出しは作れん!」とのこと。あひー。

そんなわけで、エレベーターが壊れたり、手伝いの人にすっぽかされたり、
日曜大工ラヴなパパに家具を作ってもらったり、ルーマニアらしいエピソード
満載?!な引越し騒動記でありました。ちゃんちゃん。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-31 14:09 | 日々  

うあああああ

うちのアパートが売りに出されることになり、引越しすることになりました。
で、まあまあ条件に合う物件(賃貸)を見つけて、いざ、本日がお引越し当日
なわけなんですが・・・。

マンションのエレベーターが壊れたああああああああああああああああ。
今住んでるのマンション、60年代に建てられた建物で、エレベーターも
設置されてから50年ぐらい経っているもの。よく故障するんです。ルーマニアじゃ
珍しくも無いエレベータの故障。
でもでも、今日に限って壊れてくれるなよーーーー!!!!どうやって
運ぶんだよ、この超大量の荷物!!!机とかPCとかTVもあるんだぞ!!
ちなみにうちは8階にあります。
げっそり・・・。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-28 16:32 | 日々  

んぼ?!

彼氏が実家から、さくらんぼを持ってきた。
美味しい美味しいと食べていると
「チェリーって日本語で何て言うの?」と質問(うちの彼氏は日本語全く知らない)。

さくらんぼ、って言うんだよ」
「ふーん、じゃあ、チェリーの木は何て言うの?」
さくら、って言うんだよ」

そこで、彼氏、しばし考えた。さくら→さくらんぼ、の関係について。
「じゃあ、『んぼ』って言うのは、日本語で『~の果物』、っていう意味か?」

いや・・・「さくらんぼ」の「んぼ」自体には意味はないと思う・・・。「んぼ」ってなんか
アフリカのヨルバ語とかにありそうな語彙ではないか。偏見?
「うーん、指小辞みたいなものかも」と適当に答えておきましたが、実はよくわかりま
しぇん。
(指小辞というのは、「くま」→「くまちゃん」、「むすめ」→「むすめっこ」のように、
本来の名詞の意味より、愛らしさ、親しみやすさのようなものを演出する派生語
のこと・・・だと認識してますが、違ってたら、すんまそん。「ママ」→「チーママ」
も指小辞か?違うっぽいな)
[PR]

by heedoosama | 2005-05-26 05:10 | ことば・おしごと  

ブルーベリーに見るルーマニア経済

前回の続きでブルーベリーのことを。

日本でブルーベリーが「目にいい」とされて、ブームが始まったのは4-5年程度
前だったような気がします。その当時の日本国内での「ブルーベリー需要」の
余波を受け、ここルーマニアにも安いブルーベリーはないか、と探しに来る
日本の業者さんがいました。

私もお仕事で少しかかわることになり、ルーマニアのブルーベリー栽培について
ちょっと調べました。
で、わかったことは・・・「ルーマニアではブルーベリーは『栽培』するものでは
ない」というもの(^^;)。誰に聞いても「ブルーベリー?そんなもの山に入って
採ってくるもんでしょ?」と言う答え。

OH!ワイルド!縄文の採集生活ですか?
たしかに市場でもシーズンになるとブルーベリーを売っていますが、それらは
地元の農家の人が山に入って取ったもの。畑で育てたものじゃないんです。
しかも小高い山なんかでよく育つため、山の上にある村では「ブルーべりー
をバケツ1杯かかえて、下の村に行って、小麦粉とか砂糖と物々交換」
となんていうところもありました。21世紀の欧州において、このような物流
システムが残されているというのは、ミクロ経済的見地からも、稀有な事例では
なかろうか。ていうのは、まあ大げさですが、物々交換の話はホント。
クルミたくさんと、鍋1個という交換事例も見たことがあります。のどかだね~。

で、ブルーベリーですが、ようするにちゃんと「大量栽培」して「計画的に
市場に卸す」ようなもんでは、あまりないようです。全く無いわけではない
そうですが。ですから、「安定した量を」「均一な品質で」提供されることを
要求される日本市場には不向きですね。
まったく栽培されてないわけじゃないんですが(自宅用に少ししか育てて
ない人もいるし)、計画的大量生産というのは例外的なようです。

以前山道を車で走っていたら、ちょうどベリー類のシーズンで、ラズベリーやら
ブルーベリーをバケツ1杯300円ぐらいで売っていて、その安さに
打ちのめされました。まあ、山に入って勝手に取ってくるわけですから、元手は
いらんわな。ようするに300円と言うのは人件費だけなわけですね。それに
しても、安い。大量のルーマニア人がスペインに出稼ぎに行って、イチゴ摘み
労働に従事しているのも、わかる。人件費安いもん。

ちなみにバケツ1杯買われたベリー類は、ルーマニアの工科大学情報処理
学科の学食に売られ、プログラミングを学ぶ学生が、目をいたわるよう、メニューに
使用されてます。
国家をかけて学生の保護およびIT技術向上プログラムに役立てられている・・・
わけではないです。真っ赤な嘘ですよ。信じちゃダメですよ。
ベリー類は一般家庭で、自家製ジャムを作るのに使われてます。うまいっす。

前に、ロマのおばちゃんで、山に入ってベリー類を採って、道端で売りさばいて
いる人に突撃インタビューを試みたところ、「旬の時期はねー、クマとの競争
だわさー。クマもラズベリーとか好きだもんでさ。クマに採られるか、自分が
採るか
、の争いだわね」との答え。タフなご職業のようです。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-26 03:28 | ルーマニアで食事  

ブルーベリーの効き目

薬局に行ったら、ブルーベリーの錠剤を発見。日本では数年前から「ブルーベリーは
目にいい!」と言われていますが、「へー、疲れ目にいいかも」と思い、購入。
値段も40錠入って、たしか日本円で200円未満だったので、安いなーと満足満足。
b0040048_3323931.jpg


で、家に帰って、ルーマニア語で書かれたパッケージの「効能」を読むと、「糖尿病
による毛細血管障害に」と書いてあります。

へ・・・?

日本では「パソコンで目の疲れた方に!」とか言って売られているブルーベリー
エキス。コンビニデザートなんかでも、一時期ありましたよね、ブルーベリー
ソースのかかったパンナコッタみたいなのとか。で、パッケージに「目の健康に!」
とか書いてありましたよね。
しかし、糖尿病による血管障害とか言われると、「ワシが飲んでもいいのか?」
と不安になってきます。まわりのルーマニア人に聞いても「ブルーベリーって
目にいいんだ?へ~、知らなかった」との答え。みのもんた、この国に来て教え
たれ~!

でもルーマニア語の効能書きをよく読むと「網膜の血管障害に効く」とも書いて
あるので、なんとか疲れ目にも関係ありそうな様子。ほっ。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-25 03:34 | ルーマニアで食事  

まわしもんじゃないんですが・・・

ルーマニアの化粧品、ジェロヴィタールが日本でもコスメマニアの間でひそかな
人気を呼んでいるようですが、私も・・・使っています。日本へのお土産に持って
行っても人によって合う合わないはありますが、「あれいいね~。また買ってきて」
と言う人も。

私の最近のお勧めは、ジェロヴィタールの姉妹品の、アスラヴィタールです。
これは、全製品に天然のクレイ(泥)を配合しているのが特徴です。特に私が
お勧めするのは、下の写真にもある、クレンジングミルクです。これを
指先で顔になじませ、コットンでふき取ります。メイクがよく取れるし、肌にも
ダメージを与えないので、日本から持ってきたメイク落しはやめて、もっぱら
これを使用してます。ルーマニア語の商品名はAslavital Emulsie Demachianta
と言います。
b0040048_3125243.jpgグーグルで「アスラヴィタール」と入れて検索したら、出てくる出てくる。日本でも通販などでこの商品を買えるようです。すごいですね。ルーマニアのコスメが日本で買えるなんて・・・。

ルーマニアからのお土産に、とってもお勧めです。普通の薬局に売ってます。
そこの課長さん、1本いかが?なんつって。

今回はフツーーーの文章でしたね。すまん・・・。なんかウケること書かないと落ち着かないへーどーでした。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-24 03:18 | ルーマニアでコスメ&美容  

身内の長所は褒める?!

어린이 날 【こどもの日】よりトラックバックさせていただきました。

親ばか、ということについてですが、ルーマニアの親は親ばかだと思います。
で、同様に子供はママ、パパことをほめちぎり、夫は妻を人前でほめ、妻は夫を
ほめます。
こちらの人は「うちのママ、料理がすごくうまいのさ」なんて、大学生以上の息子
さんがさらっと言ったりするので、最初は「ぎえ!?なにこのマザコン!」と思い
ましたが、今ではそれが普通なんだな、と思えるようになりました。ママの悪口を
言う息子や娘と言うのは、こちらに来て以来、みたことがありません。

日本では「うちの愚妻が」「愚息が」などと、身内を謙遜して言うのが普通ですが、
ルーマニアでは「うちの妻は努力家のキャリアウーマンで・・・」とか「うちの息子は
絵を書くのがとっても上手なの!」など、身内の自慢話は普通です。
よくあるのは、「うちの娘は語学の才能がすっごくあるの!ぜひ日本語を教えて
あげて。うちの子ならきっとマスターできるわ」と言うもの。私は、日本語の文法を
初心者に説明するのは不可能なので、断りますが(だって、「私は」と「私とは」の
違いとか、日本語の初心者に限られた語彙を使ってに説明するのなんて、出来
ますか?)

どちらの国がいい、というわけではなく、こんなところも大きな文化の違いを
感じます。日本は謙遜の文化で、身内の秀でたところをことさらに褒めるのは
はしたない行為だと思われます(よね?)。
ルーマニアでは「褒めて何が悪いの?」というスタンス。
とりあえず、自分の両親の自慢を堂々とすることはまだできませんが、自分の子供を
ルーマニアで育てたらマザコンになるのかなー、ちょっといいかも、などと
くだらない妄想にふけってみました(笑)
[PR]

by heedoosama | 2005-05-23 14:11 | 嗚呼、愛すべきルーマニア人  

花の使い道

ルーマニアの人はよく花束をプレゼントにあげてます。
日本だと、花なんて、気恥ずかしくてなかなか買わないもんだけど、こっちの
ひとは気軽にくれます。

もちろん恋人に花をあげるのもありだけど、その他の花の使い道としては
「賄賂」なんてのもあります。役所に何かの申請に行くんだけど、早く書類が
出来上がって欲しいときに、窓口でおばちゃんに花束を、ハイ。学校のテストの
前に先生に、ハイ。病院にいって、お医者さんに丁寧に診察して欲しい
時に、ハイ。だいたい相手が女性のときに花束を持っていくようです。
だから、ブカレストの街中、いたるところに写真のようなお花屋さんがあります。
花束は、大きさにもよりますが、人気のあるのはカーネーションやバラで、
ひと束200円~500円くらい。

売っているのは、ロマ(ジプシー)のひとが多いです。写真のおばちゃんも
たぶん、ロマ(スカートが派手派手のひらひらだから)
b0040048_0171891.jpg

ちなみに、花束をあげるときの決まりは、必ず本数を奇数にするということ。偶数は
死者に捧げるものだそうです。

ルーマニアで学校の先生をしていた私の知人の日本人女性は、テスト前に生徒
からやたら花束をもらって「どうせいっちゅ~~ねん!」と言っていました。
しかも、菊の花束もたくさん。ルーマニアでは菊の花は、日本のように仏花
ではありません。ふつうに、生きている女性にあげてもオッケーです(笑)
私ももらったことがありますが・・・「あ、ありがとう」とちょっと笑いがひきつるのを
止められませんでした。いや、わかってはいるんですが(笑)
[PR]

by heedoosama | 2005-05-21 00:24 | ルーマニアの風習  

すっぱくしすぎちゃイヤなの

ルーマニア人って何を食べるの?との素朴な疑問をお持ちのこのブログの
読者100万人(嘘)に答えるため、今日は食べ物の話です。ルーマニアの
伝統的なお食事コースはこんなかんじです。

①チョルバ(スープ)
  4月29日の日記にも書きましたが、これは独特の調味料を使って、酸味をつけています。

②サルマーレ(ルーマニア風ロールキャベツ)
  日本のロールキャベツと大きく違うのは、キャベツが、通常酢漬けキャベツを使用
  するということ。ちょっと酸味があります。

③ムラトゥーリ(ピクルス。漬物)
 各家庭で色々な野菜を漬けます。一番ポピュラーなものはキュウリかな?
 けっこうすっぱいです。秋から冬にかけて、どこの家庭でも絶対に食べます。

④パパナッシュ(揚げドーナッツ)
  外はカリッと、中はふぁ~~~っと。上から、ジャムと、やや酸味のあるサワークリーム
  をかけて、いただきます。

・・・さて、ここまで読んで気付いた方もいるでしょう。そう、①~④まで、全部
すっぱい味付けなのです。ルーマニアの人はすっぱい物好き。スッパマン
の国、ルーマニアなのです。日本に行った私の知人のルーマニア人、「日本は
すっぱい物が少ないね。米酢も、私たちが使っている穀物酢とかより味が
まろやかだし、すっぱくない」と言っていました。

で、え~と、実はですね、私、非常に言いにくいのですが、すっぱいものが苦手
でして(爆)。あ~、「ルーマニア好き」の資格、失格です。妊娠でもしたら、すっぱいもの
が食べたくなるというし、ルーマニアにいる有り難味がわかるんですかね?でもそんな
予定はじぇんじぇん無い・・・。
ま、すっぱくない料理もありますので、レストランに行くとなるべくすっぱくない
ものを選んで注文しています。そのかわり、私の日本の友人でルーマニアに
遊びに来た、すっぱいもの大好きな男は、「ルーマニア料理美味!!すばらしい!」
を連発していました。

さて、特に私が避けて通りたいのが③のムラトゥーリ(漬物)。これはぶっちゃけ、
野菜の酢漬けなわけで、すっぱさも横綱級。人んちで出されると「もうダメ!」と
心の中で涙を流しながら食べてたわけですが、最近あることに気付きました。

それは、トランシルヴァニア地方(ルーマニア北西部)ではムラトゥーリを作るものの、
すっぱくしないで作る、ということです。お酢を少なめに入れる分、瓶の煮沸過程
がよりフクザツだったり、小分けにして作んなきゃいけなかったりするらしく、難しい
ものみたいです。
私の友人のルーマニア人Gさんは、トランシルヴァニア出身。Gさんのママの作る
ムラトゥーリは、「人生で今まで食った漬物の中で最もうまいで賞」を個人的に
差し上げました。すっぱくなくて、いくらでも食べれて、ちょ~~~ウマイ。

今年の秋は、私もムラトゥーリ作りを習いたいと思っています。うちの彼氏は
「僕のママから習いなよ♪」と言ってくれています。しかし、彼ママの作るムラトゥーリ
は、私にはいかんせん、すっぱすぎる・・・。彼の家庭の味ではなく、Gさんの家の味
を受け継ぎたいと言ったら、がっかりするでしょうか?悩むところであります。
愛を取るか、己の味覚を取るか・・・。

b0040048_4211427.jpg我輩の尊敬するGさんママ作ムラトゥーリ
 
[PR]

by heedoosama | 2005-05-19 04:24 | ルーマニアで食事  

ボーリングなぞすなるものを

最近、ブカレストのヘラストラウ公園にあるボーリング場へ行ってきました。
まず入ってびっくりしたのが、レーンが心なしかでこぼこであるという点(笑)
日本で通っていた大学の前にあった、さびれたボーリング場を思い出しました。日本の
田舎町にいまでもありそうなボーリング場の雰囲気。なんか照明暗いし(苦笑)
そんで、ボールを投げてびっくり。ひもが各ピンについているのです。ひもですよ、ひも。
で、ピンを倒すたびにそのひもが、ぐいーんと上にピンを引っ張って、持ち上げる
わけです。うーん、レトロ!レトロだ。

まあ、でもうちらはプロのボーラーではないし(ていうか、6人で行って誰も
スコアが100に達しなかった
と言う、稀に見るべきヘタレ軍団)、和気
あいあいとして、楽しんだのでした。また行きて~。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-19 02:25 | ルーマニア全般