<   2004年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

大晦日(レベリオン)の過ごし方

そろそろ、クリスマスと大晦日が近づいてきて、ルーマニア中
よるとさわると休暇をいかに過ごすか、と言う話題になってきています。
クリスマスは、伝統的に家族で家でしっとり過ごす祭日で、大晦日(レベリオン)は友人や恋人と、飲めや踊れや花火爆竹炸裂大パーティーを行う日という風な認識がなされております。

そして、問題になるのがこのレベリオンの過ごし方。
11月の半ばから、レベリオンの過ごし方を考えて、みんなソワソワしてきます。ブカレストっ子のレベリオンの過ごし方は大別すると以下の通り
①ブカレストでレストランやディスコでバカ騒ぎ
②ルーマニア国内のスキーリゾート・プレデアルでバカ騒ぎ
③国外の観光都市でバカ騒ぎ

①が一番安上がりなのですが、レストランも大晦日特別料金を設定していて、今年の相場ではパーティー料金一人あたり60ユーロ(約8000円)という、平均月給100ユーロに満たないこの国では、恐ろしいボリ料金設定になっています。
でも、最近のブカレストっ子はお金持ちだから、それでも行くんだな。

②については、プレデアルと言うスキーリゾートは政治家の別荘がずらりと立ち並ぶ日本の軽井沢のようなところなのですが、大晦日には全国のルーマニア人の聖地となり、谷間がルーマニア人のイモ洗い状態となるという恐ろしいところであります。なんか知らんけど、ルーマニア人の深層意識には「大晦日の一番イカス過ごし方はプレデアルに行くこと!」というのが刷り込まれてしまい、この近辺のペンションの価格上昇は近年はなはだしいのです。
5泊で300ユーロ、なんてざらですよ。何度も言うけど、平均月給100ユーロ以下のこの国で。
それでも、イモ洗いの谷と化すのです、プレデアル。
まあ、多分、殆どのルーマニア人がまじめに所得申告してないから、統計上は100ユーロ以下しか給料もらっていないってことになるんでしょうね。
私の実感では、ブカレスト市民の平均給与は、隠し給与も入れると実質400ユーロ程度な気がします。そんでも、月給の殆どすべてをスキーの宿代につぎこまなきゃいけないって言うのは、割に合わない。

で、最近人気急上昇なのが③。
私も毎年②だったんですが、ここのところのプレデアルの宿の価格急上昇に友人たちが皆あきれかえり、誰も今年は行きたがらないのです。「どーせお金使うなら海外行った方がいいじゃん!」と言う結論に皆達したわけですね。
人気なのがギリシャで、バスで行くパックツアーなら7日間250ユーロ程度。
行き先は、冬の誰もいないビーチリゾート(笑)。もちろん寒いから泳げません。観光立国ギリシャは、冬の間は誰もエーゲ海なんか来たがらねえ、ってわけで、安く宿を提供しているんですね。そこが、ビンボールーマニア人(と私)の心の琴線に触れたわけです。今年の大晦日は、ギリシャの浜辺で大量のルーマニア人が拝めますぞ。拝みたくない?
[PR]

by heedoosama | 2004-11-30 18:28 | ルーマニアの風習  

芝居とその対策

本日は、ブランドラ劇場で「父(TATAL)」を観る。
前衛だけど、わけのわからん前衛になり過ぎない、ほど
よく押さえのきいた演出で、シビれた。
ルーマニアでは質のいい演劇が600円ぐらいで観れるので
幸せざんす。このブランドラ劇場は、欧州でも有数の
レベルを誇る芝居をやるところらしい。他の国のレベルは
わからないし、私はまったくの演劇素人だけど、素直に、毎回
行く度に感動できる芝居をみせてくれる。
私が、いい国に来たなあ、って思える場所。

ルーマニアの劇場では(日本でも?ていうか世界中で?)
やったら上映中に携帯電話が鳴る。
んも~~、雰囲気ぶち壊し!

でも、私もシリアスなシーンで、お腹が「ぐぅ~」っと鳴って
恥ずかしさで死にたくなった。やはり、消化の良い魚を上演前に
食ったのが敗因か・・・。消化早すぎて、上映中にお腹が鳴って
しまったよ!ケーキおかわりしときゃよかった・・・。
上演前は携帯電話の電源オフと、こってりした食事を!
[PR]

by heedoosama | 2004-11-29 21:08 | ルーマニアで芸術  

原産地不正表示

日本で、「ビームス」、「トゥモローランド」、「ベイクルーズ」、「ワールド」、「ユナイテッドアローズ」といった有名ブランドが、ルーマニア製の衣料をイタリア製と偽って販売していたため、公正取引委員会により、該当商品の排除命令を出されました。

ルーマニアには、イタリアの衣料会社の工場が数多くあります。ルーマニアの低賃金と、イタリア市場への距離の近さが原因です。

実は、前述のブランド以外にも、ルーマニアで服を作ってMade in Italyのタグをつけている企業はたくさんあります。みんなが知っている、超有名ブランドでも。
ただ私の知っている範囲では、Morganはちゃんと、Made in Romaniaの表示をしていて、良心的です。

もちろん、中国製のユニクロの品質が悪くないのと同じで、ルーマニア製ヴェ●サーチだって、品質はいいんですが、ブランド物衣料にはイメージが大切ですからね。ブランド物を買うとき、人はそこに実質的な品質のよさよりも、往々にして、そのブランドが持つイメージ性に目を向けてしまうものですから、原産地詐称は起こるべきして起こった問題であると考えます。

某有名イタリアブランドのネクタイ(日本で1-2万円)の、ルーマニアでの原価(労働賃金を含む)は約100円です。
これを、ブランドものを買うことは、はイメージ/ファンタジーを買うことだ、と言わずして何と言いましょう。私自身はそういうイメージで買う買い物は好きですから、ブランド買いを否定しません。ともすれば、原産地表示詐称だって、アリでないかとすら思っていますが、それを言うと顰蹙なので、まあ小さい声で言うことにします(笑)
[PR]

by heedoosama | 2004-11-25 04:52 | ルーマニアのニュース  

選挙ポスターのパロディ

大統領選挙が今週末に予定されています。

与党・社会民主党は現首相のナスタセを大統領候補として立てています。
社会民主党のポスターが街中にあふれ、それはごらんの写真のごとく、ナスタセ首相の顔と「(社会民主党政権のあいだは)出産婦に、○○レイの補助金を出しました!」とか「経済成長率○パーセントを達成!」とか、同党の実績を主張する文章がセットになっていました。

そして、ネットでそれをもじったもの(写真参照)が、出回っています。
文章を訳すと「われわれは、ルーマニアの原油から逃れることに成功しました!そしてそのお金で高速道路を60キロ分、建設します」となります。
現政権が石油公社ペトロムを外資であるオーストリアOMV社に売却したこと&公共工事をクソたっけー金で外資に発注していることを見事に皮肉っています。

高速道路建設に関しては、アメリカ系企業に建設を依頼したものの、見積額が、同じ会社がクロアチアで算出したものと比べるとキロ当たり2倍の額であり、どー考えても談合のにおひがプンプンしてます。高すぎ。
せっかく石油系国営企業民営化という、1回ポッキリしか使えない切り札を使って、外国企業に売り飛ばし、大金を得たのに、その金がまったく有効利用されてないわけです。
そういうことを踏まえると、このポスター、ブラックジョークとして大変笑えます。
b0040048_2523727.jpg
[PR]

by heedoosama | 2004-11-23 02:55 | ルーマニアのニュース  

紀宮様

ご婚約されましたね。

彼女はルーマニアにいらしたことがあって(2年ぐらい前)、通訳の
仕事でちょびっとお会いしたことがあるのですが、テレビで
見るよりはるかに、かわいらしいかたなので、びっくりしました。
色が白くて、声が小さくて、可憐でした。上品オーラがでてました。
そして、多くの方とお話をされても、その都度、その場に合った話題でかつ当り障りの無い話題を瞬時に選ばれ、「こりゃプロだ」と感心しました。
皇族というのは、徹底的に教育された「当り障りの無い話製造マシーン」なのだなあ、とその時感じました。

紀宮様のパスポート(茶色の表紙の外交官パスポート)を拝見した知人は「職業」欄に

HIH Princess

と書いてあったと言っていました。HIHはHer Imperial Highnessの略です。職業が「プリンセス」ですよ。
たしかに、職業としてはまさに「プロ」とも言うべき外交術を見せていただきました。ああ、職業プリンセス。
[PR]

by heedoosama | 2004-11-23 02:08 | ルーマニアのニュース  

戻りました

ルーマニアに戻りました。
横浜の実家から、ブカレストの我が家までドアツードアでまるまる24時間。ルーマニアは遠い!

飛行機がブカレストに着陸したとたん、シートベルト着用のサインが消えていないのに、すぐシートベルトを外そうとする人たち、機内から一刻も早く出ようと「ちょっと、つかえてんのよ!早く出なさいよ!」と怒鳴るおばさんなど、「ああ、ルーマニアに戻ってきたんだなあ」としみじみ実感しました。
ヨーロッパ人のくせに「お行儀よくする」っていう意識が薄い。ルーマニア人の辞書には「こらえる」「耐える」という文字は無い(笑)

でも、やっぱり、そんなルーマニアもいいところです。
帰ってくると、ほっとします。
[PR]

by heedoosama | 2004-11-23 02:06 | ルーマニア全般  

横浜でジプシー音楽

先日、ルーマニア人の友人と日本人の友人が、横浜で結婚披露宴を行った。(ゆうこちん、おめでとう!)
そして、ホテルでの披露宴のあと、両家ご親族と一緒に横浜にあるドイツ料理屋へ皆で行った。

そこは、音楽の生演奏つきで、バイオリン、ピアノなどを外人さんが奏でている。
で、素晴らしい演奏なのだが、どうも曲目が怪しい・・・「ハンガリー舞曲」だの、「チゴネルワイゼン」だの、「美しく青きドナウ」だの、どう考えても選曲が激しく東欧寄りである。
もしかして、演奏者の皆さん、ハンガリーのジプシー音楽家かしらんと思いきや、ルーマニア人でした(爆)

「うぎょー!まじでー?!ルーマニア人?!」
と興奮して話し掛ける私ら。そしたら、演奏者も同胞を見つけたコーフンで、レストランの客全員に向かって"They are from Romania!!"とか叫ぶし(笑)。「え?ここ、ドイツ料理屋じゃないの?」と、ポカーンとした顔の他のお客さんたち。。。

ルーマニアのバースデーソングも大合唱して(その日は新婦の誕生日でした。おめでとー!)、高級感溢れるエレガントなドイツ料理屋で浮きに浮きまくってた私ら。まあ、楽しければなんでもよし、なのがルーマニア・スタイルざんす。

それにしても、ここの音楽家さんたち、ルーマニアのレストランでドサ回りしている音楽家より、遥かに遥かにうまかった。音楽オンチな私にも、彼らが超一流のプロということはわかりました。
掛け値なしに素晴らしい演奏なので、ぜひ横浜近郊の方は聴きに行ってみてください。ちょっと音が洗練されすぎているので、ファンファーレ・チョカリーアみたいのを想像すると、肩透かしですが。

レストラン アルテリーベ
横浜市中区日本大通11番地
TEL 045-222-3346
www.alteliebe.co.jp

(ただし、そのルーマニア人たちは毎日そこで演奏しているわけではないそう。お店に事前にお問い合わせください)
[PR]

by heedoosama | 2004-11-18 00:00 | ルーマニア全般  

日本のお役立ちアイテム

へーどー@日本に帰省中です。

日本に着いてから、もう、湯水のようにお金を遣っています(といっても、もともと金欠なので、たいした金額じゃないけど)
日本って、ほんと便利なもの、いいものが多いけど、今回も「日本に無くてルーマニアにはあるもの」を買いあさっています。
今回買ったものは以下の通り:

1.日本食材
インスタントラーメン、切干大根、佃煮などルーマニアではなかなか手に入らないものを大量に買う。

2.デジカメ
ルーマニアにもあるけど、輸入関税なんかがかかって、高い!日本の倍くらいする。

3.化粧品
マスカラ、アイライナー。
やはり国産メーカーのものは安くて品質がいいので、大量に買う。
なんで500-1000円で買える日本メーカーのものが、5000円以上するシャネルやランコムのものより使いやすいのか、ナゾ。

4.汗わきパッド
小物ですんません(笑)。これ、ルーマニアに無いんだよー。デブで汗っかきの私にゃ必需品。

5.生理用品
ルーマニアのタンポン、アプリケーターなしのばっかり!入れられるか、ボケェ!ってな具合。

6.ファンファーレ・チョカリーアとタラフ・ドゥ・ハイドゥクスのCD
こいつら、ルーマニアのアーティストなのに、ルーマニア本国では評価がめっちゃ低くて、アルバム売ってないのよ(涙)。なんで日本でこんなもの購入せにゃならんのじゃぁ!!!

7.ユニクロ、無印良品の服
ルーマニアで売っている服、原色のものばっかりだし、品質も悪いのが多い・・・。品質はそこそこ良くて、デザインはシンプルなユニクロと無印は、偉大です。

8.本
ブックオフで読みたかった本を大量購入。日本語の活字に飢えてたのよ~!

ルーマニアも、生活必需品はなんでもそろうし、今回買ったものは「無くても生きていける」もの達ばかり。でもやっぱり、あると生活が楽になったり、潤ったりするものたち。毎回、帰国のたびにスーツケースいっぱいの買い物をしてしまいます。
[PR]

by heedoosama | 2004-11-17 22:37 | ルーマニア全般  

ミュンヘンにて、走る。

へーどー@ただいま日本帰省中です。

今回は、ルフトハンザのミュンヘン経由で帰国しました
(ルーマニアからは日本への直行便は出ていません)。

ミュンヘンでの待ち時間は1時間半と少なめだったので、
チケットを買った時に少し不安でした。ブカレストから
ミュンヘンに行く便が遅れて、そのせいで成田行き
の便を逃したりしたらどうしよう、と・・・。

はい、悪い予感と言うのは当たるものです。
遅れましたよ、ブカレスト-ミュンヘン便。きっちり1時間半(涙)
おかげで、ミュンヘンに着いた時は、まさに成田行きの
乗り継ぎ便が出る時間ぴったり。
ミュンヘンの空港をすっげーーーーーーーダッシュで
駆け抜けました。成田行き便のゲートに向かって全力疾走。
そりゃ、万が一前の便の遅れのせいで乗り遅れた場合、
航空会社がミュンヘンでのホテル代なんかを払ってくれて
翌日の便で成田にいけることはわかってましたよ。
でも、私はミュンヘンでのんびりしてビールにソーセージなんぞ
かっくらいたくないわけです。
少しでも早く日本に着いて、ラーメン食べたいわけですよ

空港ビルの中を駆け抜けながら、ラーメン、ラーメン、ラーメン
と心の中で唱えていました。がんばれ、自分。

で、成田便のゲートにぜえぜえ言いながらたどりついたら、
もう誰もいなくて、飛行機は飛び去った後・・・
ではありませんでした。どっこい、日本人とおぼしき乗客が
余裕でうろうろしています。

「あ、あの、乗り遅れるかと思って走ってきたんですが・・・」
と肩で息をしながら言う私に、ルフトハンザ航空のおねーちゃん
申し訳なさそうに微笑んで言ったとさ。
「成田行きは出発が遅れておりまして、もう30分ほど
お待ちいただきます」
走ったの、まったくの、無駄でした~。ちゃんちゃん。
[PR]

by heedoosama | 2004-11-10 21:22 | 日々  

日本!!!

明日から日本に10日間ほど帰省します。
いや~~ん、楽しみ!!!
何がって、ラーメン、寿司などの食べ物ですよ。
ルーマニアは黒海はあるのですが、新鮮な魚介類は
ほとんど手に入らないんです。ラーメンにしても
一番近いラーメン屋は、隣の国ハンガリーのブダペストか
その隣のオーストリアのウィーンです(涙)

太ってもいい!!食べまくって帰ってきます。
[PR]

by heedoosama | 2004-11-09 06:11 | 日々