カテゴリ:ルーマニア全般( 27 )

 

駐車場がない!

マリチカさんのところから、TBさせていただいてます。

普段ルーマニアについて碌でもないことばかり書いているので、たまには、いいことも書きますぞ。ほら、ブカレストにはこんなヨーロピアン風の素敵な建物もありますよ。国立図書館です。
b0040048_4452274.jpg

とか言いつつ、今回の記事はそういうことが書きたいわけじゃないのです。すんまへん。

この写真で見てもらいたいのは、路上駐車している車の数。

ブカレストの路上は、駐車している車だらけ。現在、ブカレストでは、平均所得が急上昇し、銀行からの融資の一般化ともあいまって、新車を購入する人が増えています。日本の場合は古い車は下取りに出しますが、こちらでは、古い車も持ち続ける人が多いです。なぜか。日本は車1台につき、車庫証明が必要で、駐車場代が大変ですが、こちらは車庫証明は必要ないのです。車を100台買っても、路上駐車させとけばオッケー。だから古い車も、セカンドカーとしてとっておいても、大して経費はかからないというわけです。

というわけで、新旧含めたさまざまな車が、そこらへんも路上に駐車されています。
一般的に、アパートにも住民専用の駐車場がついているところは少ないです。アパートの前の道路にテキトーに駐車するだけ。それも早いもの勝ち。

もちろん、車の通れるスペースは少なく、したがって、道路は大混雑大渋滞しています。
ブカレストにお出かけの方、車での市内移動を考えていらっしゃるなら、時間に余裕を持った行動をおすすめします。

ブカレスト市では、立体駐車場がようやく建設中だったり、巨大地下駐車場を作るプロジェクトもありますが、果たしていつできるのでしょうか。毎年、新車だけで販売台数が20-30%とか上昇している今の状態では、ジリ貧です。ちゅーことはですよ、このペースが続けばあと5年でブカレスト市内の車の数は今の倍になるってことですか。一方、市が計画している地下駐車場なんて、どうせ焼け石に水だし、ますます市内は身動きが取れなくなることいは、必至。

私が来た5年前は、市内の渋滞なんてほとんど無かった気がしますが・・・。発展している国の勢いを感じますが、すでに飽和状態に来ている気もします。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-19 05:04 | ルーマニア全般  

タクシーの話とか

ここのところ忙しくて更新が滞っています(いつものことですが)。
今週中もあまり更新できないでしょう。私は隣のヨーグルト国家へ旅立ちます。

関係ないんですが、最近物価が上がってますね。
2年前の今頃の自分の文章を読んだら、ブカレストのタクシーが1キロ
あたり5,000レイとか書いてますよ。今は倍です。2年間で倍って
すごいですね。倍になっても1万レイ、たったの40円程度ですが。
タクシー大好きっ子なナマケモノな私は、最近、タクシー代が家計を
圧迫していることに気づきました。前はいくらタクシー乗っても
それほど痛手じゃなかったのになーー。乗りすぎだっての。
これからまだまだ、いろいろ値上がりするでしょう。

タクシーといえば、全然関係ない話。
ルーマニアの教習車は、屋根に「scoala」と書いた3角形の物体を
乗せています。scoalaというのは「学校」という意味で、つまり
それによって「お、教習車だ」とすぐわかる仕組みになってます。

ルーマニアに着たばかりの頃の私、それをタクシー会社のサインと
勘違いして、「すげえ、このscoalaって会社のタクシー、どこの
町に行ってもあるよ。全国ナンバーワンの規模を誇るタクシー会社
だな、きっと」とかって思っていました。「教習車」という意味とは気づかず・・・。
タクシー探してる時など、必死で手を振って教習車を止めようとしてました。

ある日、このscoalaタクシー社の車には、どうもいつも助手席にえら
そうにふんぞり返ったオッサンが座っているぞ、ということに気づいたん
ですけどね。ええ、それは教官でした。

今回は取りとめのない話でした。
[PR]

by heedoosama | 2005-10-04 05:24 | ルーマニア全般  

ブカレストの病院へ行く

やっぱり体調不良で旅行は延期になってしまいました。がっくーん。
実は風邪のせいか、あまりにもおなかの具合が悪く、病院に
行ってきたのですが、点滴をうたれてしまいました。人生初の点滴でした。
そんなに体調悪かったのか・・・(^^;)

私がいつも体調悪いときに利用している病院は、ブカレスト市内の
ヴィクトル・バベシュ病院というところです。半年に1回ぐらい
行っています。この病院は私立で、診察料金は「ここは物価の安い
ルーマニアじゃないのか?!」と思うぐらい高いです。
今回も、診察+う○こ検査+血液検査+点滴(リンゲル)で
250レイ、つまり約1万円とられました。ルーマニアのつつましい
公務員の月給にせまる額ですよ。おかげでいつ行っても病院内
はガラガラ・・・。

その分、病院内はきれいだし、私の知る限りは先生の診断も的確
だし、注射針なんかも使い捨て。。。で、さすがに「はじめての人の
セルビア生活」のAn-chanさんが書いてらしたような
汚いトイレ
もありません。(でもAn-chanさん、安心してください(?!)、ルー
マニアの地方の公立病院もきっとあんなかんじです)

でもですね、そこの病院に対してひとつ不満があります。今回点滴
を打った際、2時間寝ていたベッドに枕が無かったことなんかじゃ
ありませんよ。(それもどうかと思いますが・・・)
半年に1回はそこにお世話になっているにもかかわらず、そこの
病院にはどうも「個人用カルテ」っていうものを取っていないようなんで
す。行く度に、初診患者のように「生年月日は?」「既往症は?」
「ご家族の中に重い病気をされた方はいらっしゃいますか?」
「薬剤に対するアレルギーはありますか?」
「ご職業は?」と医者に聞かれて、先生もそれをふんふんと書き込んで
るのですが、その書付が次回診察のときに出てくることは
絶対無いのです。
こっちは具合が悪くてフラフラなんだから、いちいち「私は小学校
のときに小児喘息をやって、父は高血圧で、母方の祖父は結核をやって、
父方の祖父はパーキンソンで・・・」など会話してないで、さっさと
今の自分の症状を説明したいわけです。
でもゼッタイこの病院では毎回この「質問集」が診察の最初に
聞かれるのです。ゼッタイ同じ質問なんです。
そんなもの、カルテを作って初診時の問診として残しときゃいいだろー!
と思うのですが・・・(--;

血圧を測っても「今の血圧は○○ですが、これって普段のあなたの血圧
より低めですか?」と聞かれるし。毎年お宅の病院で健康診断受けて
るんだから、私のカルテぐらい作ってそこに数値残しといてくれ・・・
と思ってしまいます。

別に電子カルテを作成しろといわないけど、普通の「カルテ」ぐらい
作ってくれないと、患者の体質を総合的に把握できないと思うのは
私だけでしょうか。私の場合薬物アレルギーは無いから良いけど、
あった場合、とても不安ですよね。「私には○○を含む薬は処方しな
いで」っていちいち先生に確認しないといけないのですから。
日本の病院は見事に効率化されてるからなあ・・・。
便利になってきたけど、「まだまだかなあ」だと思うルーマニアでの
一日なのでした。いい国なんですが、病気するとやっぱ、不安になりますね。
まず、病気ならブログ更新してないで寝てろってかんじですか?
すみません(^^;
[PR]

by heedoosama | 2005-08-28 00:09 | ルーマニア全般  

牛がブカレストの路上に出没してます。と言っても、本物ではございませ
ん(流石にそこまで田舎では、無い)。
カウ・パレードっていう、ニューヨークで始まった、アーティストのイベントで、
世界の主要都市を下のようなペイントを施された牛が飾る、というもの。
b0040048_2532852.jpg

日本にもカウ・パレードが来たことがあるそうです。私も去年チェコのプラハ
に行って、街のいたるところに派手な牛がいて「何これ?」と思ったのですが、
カウ・パレードの牛だったのですね。
ルーマニアの牛は、ルーマニア人のアーティストがペイントしたもの。上の
牛は、ひまわりがルーマニアっぽくっていいですね。全部の牛が違う模様
なのです。
ヘラストラウ公園の中には、噴水の中に牛がいて、水浴びしてました(笑)

9月にこれらの牛は、競売にかけられ(会場では「ドナドナ」を流して欲しいと
ころ)、収益はスペシャルオリンピックの開催など慈善団体に寄付される
とのこと。
カウ・パレードの公式ホームページはこちら
[PR]

by heedoosama | 2005-07-10 02:54 | ルーマニア全般  

看板に偽りあり?

ブカレストの中心街近くにある、しじみ汁公園、ではなくてチシミジウ
公園を散歩していたら、下のような看板を見つけました。
b0040048_2315253.jpg

「日本庭園」と書いてあるのですが・・・。周囲には松とかあやめとか日本庭園を
髣髴とさせるものがあるわけでもなく。
「なんで日本庭園なのか??」と謎が残りました。ルーマニア人のイメージする
日本庭園って、どんなの?

ちなみにブカレスト最大の公園、ヘラストラウ公園にも日本庭園セクション
があり、ここはもう少しちゃんとしてます。灯篭とかあって。荒れ庭だけど・・・(^^;)
[PR]

by heedoosama | 2005-07-10 02:34 | ルーマニア全般  

電車

今、「世界の車窓から」とPCで打とうとして、「世界の社葬」と変換され
ました。「世界の社葬」。すごい番組を想像してしまいます。
ルーマニアの社葬では、オルテニア地方だと泣き女が出てきます。
「なんで働きすぎたんだあ~」とあなたの死を嘆いてくれます。嘘です。

えー、なんで「世界の車窓から」のことを書こうとしたかというと、
もうすぐこの番組、ルーマニアの電車が登場予定みたいですね。
7月中旬以降にルーマニア編登場だとか。
http://jp.fujitsu.com/train/

CFRですよ、奥さん。ルーマニア国鉄。果たして、TVにはあの
つぎはぎボロ車輌が登場するのか、自慢の新型車輌(エンジンは
ドイツ製だぞ)サジャータアルバストラが出るのか。日本のTV的
にはボロ車輌のほうが風情があって、TVうけしそうな気がするん
ですが。だれか番組見て、教えてください。
[PR]

by heedoosama | 2005-07-04 00:27 | ルーマニア全般  

過積載?

馬車が車を載せている。なんかシュール。
b0040048_525156.jpg

[PR]

by heedoosama | 2005-06-11 05:23 | ルーマニア全般  

ボーリングなぞすなるものを

最近、ブカレストのヘラストラウ公園にあるボーリング場へ行ってきました。
まず入ってびっくりしたのが、レーンが心なしかでこぼこであるという点(笑)
日本で通っていた大学の前にあった、さびれたボーリング場を思い出しました。日本の
田舎町にいまでもありそうなボーリング場の雰囲気。なんか照明暗いし(苦笑)
そんで、ボールを投げてびっくり。ひもが各ピンについているのです。ひもですよ、ひも。
で、ピンを倒すたびにそのひもが、ぐいーんと上にピンを引っ張って、持ち上げる
わけです。うーん、レトロ!レトロだ。

まあ、でもうちらはプロのボーラーではないし(ていうか、6人で行って誰も
スコアが100に達しなかった
と言う、稀に見るべきヘタレ軍団)、和気
あいあいとして、楽しんだのでした。また行きて~。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-19 02:25 | ルーマニア全般  

節分 in ルーマニア

すんません、ちょっとネタが古いんですが、節分の話を。やりましたよ、豆まき in ルーマニア。

ルーマニアにはもちろん、豆まき用の豆なんて売っていないので、自分の家にある大豆(ハンガリー産)をフライパンで炒ってみました。

日本人の友人3人と、最近おつきあいしだした私のルーマニア人の彼氏を家にお招きして、みんなでうちの戸口から「鬼はぁー外!」と元気よく豆をまきました。
きっと翌日、マンションの廊下に転がっている豆を見て、近所のルーマニア人たちは「何これ??」と首を傾げたことでしょう。
すげーロマンチストなうちの彼氏は「母国の習慣を僕と分かち合ってくれるなんて・・・ありがとう」とひとり感動していました。豆投げただけやん。やつは、炒った大豆を気に入って、自分の年齢以上の数を食べてました。

ちなみに、日本では地方によっては、豆まき以外にも、焼いたイワシの頭を枝に刺して戸口に飾るところもあるそうですね。
さすがにこれはしませんでしたが、職場の同僚(ルーマニア人)に、もし私がそういうことをしたら、近所の人々は私のことをどう思うだろうかと聞いてみたら、「頭が狂ったか、黒魔術でもしていると思われるかだね」と言う答えでした。
日本の風習も、冷静に考えると割とけったいなものなのかも知れません。なにやら叫んで豆投げたり、魚の頭を飾ったり・・・。
[PR]

by heedoosama | 2005-02-11 13:28 | ルーマニア全般  

住まい その2 【新築?!】

ブカレストの不動産でオドロクべきことまだあります。

ブカレストにおいては「新築マンション」とは築何年以内のもの
を指すと思いますか?

それがなんと・・・1980年代に建てられたものも「新築」というのです。
オイオイ、20年以上経ってますよ。

ブカレストでは、1977年に大地震があり、その翌年に建築基準法
が変わり、それ以降の建物を総して「新しい」ということが多いようです。
だから日本人など外国人が不動産屋の紹介で「新築マンション」を
見に行ったら、ものすごいボロでこりゃびっくり、なんてことも
あるそうです(笑)
[PR]

by heedoosama | 2005-01-25 15:03 | ルーマニア全般