「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ルーマニア全般( 27 )

 

マンションにおけるご近所とのコミュニケーションツール

連日寒いわけなんですが。冬ですね。

俳句の冬の季語といえば、何でしょう。
答えは「カロリフェル」。ルーマニア好きならこれ常識です。センター試験には出ません。

ではカロリフェルとは、何でしょうか。

これです。
b0040048_539062.jpg
暖房器具です。中にお湯が通ってます。
すみません、実は去年もカロリフェルをネタに記事を書きました。写真も去年のを使い回しです。リサイクルです。エコです。ロハスです。

去年の記事でもこのカロリフェルがあったかくなる仕組みについて書いたんですが、今年はそれをよりわかりやすくするため、図に描きました。褒めろ。
b0040048_5463159.jpg

中学1年生の書いた社会科のノートではありません。念のため。

大体の概念としては合ってると思うのですが、電力関係の方、間違っていたらすみません。間違いがあったらご指摘ください。(火力発電所から集合住宅にお湯が行く過程で、お湯の温度などを計測するステーションがあるんですが、それは省きました)
要は、発電所の副産物であるお湯を利用して町全体をあっためちゃおう!という寒い国には非常にナイスなシステムなわけです。カロリフェルのおかげで、冬でも24時間、部屋の中はぽっかぽかですよ。

さて、この素晴らしきカロリフェル、部屋を暖める以外にも素敵な使い道があります。それは何でしょう。センター試験にはでません(しつこい)。

それは・・・上下階の住人の騒音に苦情を言うという用途です。
b0040048_5574884.jpg
写真のように、カロリフェルからはパイプが出ていて、このパイプが各家にお湯を循環させています。このパイプは我が家と上下のお宅をつなげています。
もし、上のお宅か下のお宅で騒音が発生して苦情が言いたくなったら、このパイプをフォークなどでガンガンたたけば、上下のお宅でぐわぁぁ~~~んごわぁぁ~~んとパイプが反響します。この反響音こそすなわち、「ちったぁ静かにしろやボケェ!!」というメッセージなのですね。上のお宅の息子さん、夜中にうるさい音楽かけて迷惑ねぇ~、ちょっと注意しに行きたいけど最近の若い人はキレると何するかわかんないっていうし、直接言うのもためらわれるわ~・・・というあなたは、このパイプ叩き攻撃で上の息子さんに十分に抗議することができるのです。世知辛い現代に欠かせない、ご近所コミュニケーションツールです。

しかしこの便利ツールにも唯一の欠点があります。
かくいう我が家は割と静かに生活しているのですが、時々、下の4階のお宅からパイプをがんがんたたかれます。というのも、我が家がうるさいのではなくて、その更に下の3階のお宅がうるさいのです。4階の方は、3階に抗議するつもりで4階のパイプをガン叩きすると、5階の我が家でもパイプがぐわんぐわん言ってしまうというしくみ。上下階に響くんですね。
おかげで、自宅でゆっくり本を読んでいるだけなのに突如パイプがガンガン鳴ってびびることが多いのです。「ア、アテクシ静かにしていましてよ!」と誰に言うまでも無く弁解してみたり。

かく言う我が家は他の家に対してパイプ叩きで抗議するかというと・・・してません。すんません、小心なんです。上の階から毎週土曜日の朝7時に強烈なドリル音が響いてくるんですが、パイプ叩く勇気がありません。
ブカレストのおばあちゃん(生物学上、大阪のオバチャンより強いです)ぐらいたくましくなって、パイプめっさ連打する勇気があれば。
[PR]

by heedoosama | 2007-11-13 06:23 | ルーマニア全般  

ブカレストの動物市 koneta

死に急ぐかのような勢いでブログ更新しまくっています。別に死に急いでません(笑)

ちょっと前の話ですが、ブカレストの動物市に行ってきました。動物市。そんなノスタルジックな響きの市場が、なんと首都ブカレストで毎週日曜日の朝、開かれているのです。
場所は、Parcul Plumbuitaという公園で、Colentina通りに面しています。(オボールからピアッツァエウロパに行く途中に左側にマクドナルドがありますが、そのマクドナルドのすぐ手前の公園)

もし「ドナドナ」な子牛に悲しい瞳で見つめられたらどうしようとか、馬に蹴られたらどうしようと思ったのですが、牛や馬はいませんでした。

メインはハト、インコ、ニワトリ、アヒルなどの鳥類。
b0040048_4534797.jpg
「市場」というだけあって、それぞれ動物の入ったかごがを持ち寄って直接売っています。

b0040048_4562768.jpgニワトリ。コケコケ言ってました。
b0040048_4592879.jpgアヒルのヒヨコがぎゅうぎゅう詰めになった箱。凶悪にかわいい。が、これを1箱買ったら1ヵ月後にはえらいことになるだろう、と思いとどまる。







下は、極彩色の鳥がてんこ盛りの図。インコマニアの旦那を抑えるのに苦労しました。
b0040048_524597.jpg
会場の隅には犬猫コーナーもありまして、こんなかんじでした↓
b0040048_563473.jpg車のトランクに犬や猫を乗せて「販売」してました。ペルシャ猫とかドーベルマン、ハスキーなど高そうな犬ばかりで、雑種はいなかったです。
私自身は賃貸住まいなのでペットは飼えないし、100%冷やかしで見ていたんですが、ルーマニアの犬猫マニアの間では「血統書付きの犬猫が欲しければブカレストの動物市に行け」というのは定説だそうですよ。羊やブタはいないけど、ハスキー犬はいるブカレストの動物市。その横でニワトリがわしわし歩いているし。洗練されてそうだけど洗練されてない不思議な動物市でした。
b0040048_517725.jpg
ニワトリを売っていた、洗練されてないけどフォトジェニックなおやじたち。
[PR]

by heedoosama | 2007-11-11 05:23 | ルーマニア全般  

ダニ

ダニ。あの小さくて血を吸う、吸われたらカユイあいつです。
ルーマニアに住んでいるとダニにくわれます。
いくら自宅をきれいに保ってもダメ。電車の中で、タクシーの中で、どこからともなく服の下にひそんでプチっと噛んできます。どういう種類のダニかは知らないけれど、これがモーレツにかゆいのです。

私の周辺の在ルーマニア日本人では、20代で約7割程度、30代で4割程度はかゆくなった経験があるようです。特に若くてお肌がピチピチしている人ほど噛まれやすいみたいです。しかも、ほうっておくと全身に赤いポツポツがひろがって、痒みで夜も眠れないほど。
ところが、なぜかルーマニア人はぜんぜん感染している人を見た事ないんですよ。ルーマニア人は免疫があるの??うちの旦那も、私が痒い痒いと苦しんでいる横で、ぜんぜん噛まれた跡もなく・・・キーッ!うらやましい!あたしの玉のお肌はアンタのより繊細なのよ~!!と叫んでみてもむなしい・・・。
刺され跡の画像はこちらのルーマニア在住日本人の方のブログでご覧になれます。

で、このたび、ワタクシ、この「ルーマニアダニ(勝手に命名)」に効く塗り薬を発見しました。日本から数あまたの対ダニ製品を取り寄せてもいまいち効果がなかったのですが、この薬はよく効く上に、安い。なんと1本2RON程度。約100円です。
b0040048_16523916.jpg

ルーマニアのそこらへんの田舎の薬局でも手に入ります。商品名はUNGUENT CU SULF。直訳すると「硫黄軟膏」です。
もともとは日本から取り寄せた「ムトーハップ」という入浴剤がダニさされに効くと聞いて使っていたんですが、しばらく使っていないとまた痒みが復活して、悩んでいたんです。でもムトーハップの主成分は硫黄だから、硫黄を使ったクリームがあればいいんじゃないかと思って、ルーマニアの薬局で聞いてみたんです。そしたら、ありました。上記の硫黄軟膏が。
硫黄ですから、塗った後は自分自身が温泉卵のようなにおいを発します。「温泉卵人間」です。私は1日1回、2-3日続けて塗ったら痒みがおさまりました。しばらくして痒みが復活することもありません。主成分が硫黄なので、乳幼児にも使えるお肌に優しいクリームのようです。
ルーマニアで痒みに悩まされている方、お試しください。あ、でも私は医者じゃないので気になる方は、まずお医者さんにご相談ください。
[PR]

by heedoosama | 2007-11-10 17:03 | ルーマニア全般  

ルーマニアのフシギ

ルーマニアに来て、不思議な体験をし、不思議なものをたくさん見ました。

日本にいなかったら体験できなかったこと、知らなかったこと。

もう7年も住んでいるけど、ずっと不思議でわからないこともあります。

そのうちのひとつ・・・







b0040048_473034.jpg

なんでルーマニアのニワトリは、足元がにしきのあきら風なんですか?

寒いのか?


b0040048_411628.jpg
上から見ても、にしきのあきら。
b0040048_4141031.jpg
パンタロンのすそを気にするにしきのあきら。
b0040048_416156.jpg
もはやニワトリなのかにしきのあきらなのか、判然としないニワトリ。(すごくでかいです。こわい)
[PR]

by heedoosama | 2007-11-04 04:19 | ルーマニア全般  

ホカロン好きですか?

我、発見せり。

ルーマニアの薬局でホカロン見つけちゃいましたよ、奥様!
ホカロン。あの背中に張ると、じんわりあったかい、冬の必需品、ホカロン。薄いくせに暖かさ長持ちな人類の叡智の結晶、ホカロン。寒がりな私は毎年冬になると、零下20度のルーマニアで「ホカロン、ホカロンがあれば・・・!」と心で叫びながら、鼻毛を凍らして市場で買いものをしていたものです。日本から多額の送料をかけて、おかあちゃんが送ってくれたホカロン。ルーマニア人の友人たちに見せたら大人気で、「次に日本行ったら絶対買ってきて!」と全員に言われ、スーツケースの中ホカロンだらけになって泣く泣く日本からルーマニア行きの飛行機に乗ったあの日。

ホカロンがルーマニアにあれば・・・!!!と思うこと、今までにおそらく2万4,081回。
先日ふらっと入った薬局で見つけちゃったのですよ~。しかも日本製って書いてありますよ、奥様。
b0040048_4503372.jpg

ホカロンの上に何かが写っていますが、これは私の大好きなバンドZdob si Zdubのニューアルバムでありまして、本文とは何の関係もありません。

商品名は"Hokaron"ではありませんでした。"Caldo"。ルーマニア語の「暖かい」を意味する"Cald"にかけているようす。にくいねえ。
裏には、ルーマニア語の説明もついています。「肌に直に貼ると、やけどしちゃうから、やめときなよ」的なことが、ちゃんと書いてあります。
b0040048_458010.jpg

ホカロンの上に何かが写っていますが、これは私の大好きなバンドZdob si Zdubのニューアルバムでありまして、本文とは何の関係もありません。
気になるお値段のほうですが、ものの値段を記憶するのがコアラにホットドック早食い競争をさせるぐらい無理な私は、はっきりと覚えていないのですが、たしか1ドルくらいだったと思います。日本からはるばる輸入された割には安いです。
場所は、ロマーナ広場のマクドナルドからアムゼイ広場に通じる道の、右側にある薬局(シナゴーグと郵便局の間くらい。確か)でした。他の街の薬局にもあるかも。
[PR]

by heedoosama | 2007-01-22 05:09 | ルーマニア全般  

注射を打ってもらったら・・・

ちょっと体調悪くして、病院にかかってきました。
あ、大した病気じゃないんで、心配しないでください。
お見舞いのプレゼントとか手料理とか、ほんと気を使わなくてけっこうですから。
って誰も気をつかってないのか。そうか。

で、女医さんに「処方箋書きますから、病院行って薬買ってくださいね。それと、注射の薬液も処方箋に書きますから、注射してくださいね。2日に1度」と言われ、「は、注射?」と思わず聞きかえしてしまいました。
「そう注射。注射液と注射器を薬局で買って、自宅で注射してください。2日に1度」

でた。ルーマニア式「自分ちで注射しな!」指令。
うわさには聞いてたけど、自分の身にふりかかるとは。そう、ルーマニアではお医者さんとか看護師さん以外の人が、自宅で注射していいんですよ。

「あのー、私、自分じゃ注射できないんですけど」と恐る恐る聞いたところ、「注射のできる人をまわりで探してください。もうしどうしてもダメなら、この病院に来てもいいですけど・・・」とのこと。さあ困った。旦那に電話するも、「俺、注射なんかできるわけないじゃん」とのこと。かといって、2日にいっぺん病院に注射打ちに行くのも遠いし、しかもそこ、恐ろしく高い病院なので避けたいところ。

まあ、でも良く考えたら、注射ってけっこうそこら辺のルーマニア人でも打っていいらしいし、覚せい剤やる人だって自分で打ってるんだから、実は簡単なんじゃね?とポジティブ・シンキングしてみることにする。周りに看護師経験者とか覚せい剤経験者とかいたかなあ・・・と激しく間違った考え方をしながら、とりあえずは薬局に薬液と注射器を買いに行きました。

薬局で処方箋を見せたところ、薬局のおばちゃん、「あなた、これ、注射打てる人まわりにいるの?」と聞かれ「いやーそれが、なかなかいなそうで」と眉毛を八の字にして答えたら、「私が打ってあげようか?」とのお言葉!おお、やった、いきなり解決!薬局のおばちゃんなら、医師免許はもっていないまでも、なんだか経験豊かそうではないですか。

というわけで、薬局の奥に連れて行かれました。奥の部屋は控え室みたいになっていて、薬剤師のおねーちゃんがゆで卵とか食べてます。まあ、ゆで卵はいい。無事に注射さえ打てれば。

そこで、おばちゃんが言った言葉。








「はい、お尻出して」


・・・え?

「あなた、病院で聞いてないの?この注射、お尻に打つのよ」
ガビーン。人生初のお尻注射。いまさら後には引けないので、立ったまま、半ケツになって注射打ってもらいましたよ。おねーちゃんがゆで卵食っている横で。

「痛くないわよ~。また注射打ちに来たくなっちゃうぐらい痛くないわよ~。ウフフ」とのおばちゃんの言葉どおり、痛くはなかったんです。しかし、あと7回分、2日に1ぺん注射を打つよう病院からは指示を受けています。このおばちゃんにあと7回も注射を打ってもらうためには、一応謝金も払わなきゃいけないと思うのですが。
私:「あの~。お礼はどうしましょう」
おばちゃん:「あら、あと7回もあるから、終わってからその件はゆっくり話しましょう。ウフフ」

ど、どうしよう。この場合、いくらぐらい差し上げたらいいんですかね。誰か、薬局の奥でお尻に注射を打ってもらう場合の謝金について詳しい方がいたら助けてください。
b0040048_6273274.jpg                                                薬局で買った薬液と注射器。小心な日本人は注射器持っているだけでドキドキします。
[PR]

by heedoosama | 2007-01-14 06:34 | ルーマニア全般  

どういうマーケティング戦略なのか

先日・・・といってもスッゲー前の話なんですが。むしろ去年?つーか、夏ごろの話ですみません。
季節感のないことでは前に出るもののいないブログとして定評があります。

それはともかく、ある日ですね、ブカレスト市内の公園を彼氏(現だんな)と散歩してたわけですよ。公園を散歩。なんですか、こう、平和っていいね、みたいなかんじで、マターリとしながら。ここまでは「なごみ系ブログ」な展開だったんですよ。

そしたら前方からなんか赤いTシャツを着た男の集団がやってくるわけですよ。しかも全員頭がすごく大きい。
「ねえ、あの人たち頭すごく大きいよ」とか言ってるうちに、その集団はずんずんこちらに近づいてきます。


ずんずんずん。



ずんずん。




ずん!!!
b0040048_4105312.jpg

ひぎゃぇぇぁああああああああ?!
写真には写りきれてないけど、こういう格好した人が10人以上いて、囲まれたのですよ。何?宇宙に拉致されるの?!北朝鮮の使徒?!かと思いきや、ラジオ局のキャンペーン中の人たちでした。ラジオ局のチラシ配ってたけど、そのインパクトあるヅラは必要なのか?マジ怖かった。私は大してからまれなかったけど、たまたま近くを歩いていた若い女の子はかなり囲まれてました。
b0040048_4274065.jpg

とりあえず見知らぬ女の子をおとりにして、すげえ早足で逃げる私たち。

後日、うちの近所でバス待ちしてたら、またこの集団がやってきたので、「私は興味ないざます」という顔をしてシカトこいてしまいました。だって、普通のチラシ配りの人ならチラシ貰うけど、頭が、頭がでかすぎて怖いです
若い女の子が車を運転して、信号待ちしてたんですが、今度はその車も囲まれていました。
「おねーちゃん、チラシもらって~」とアフロ軍団が迫ったのですが、おねーちゃんはすごい勢いでウィンドウを閉じ、シカトぶっこいてました。信号青になると同時に急発進。いやはや。
[PR]

by heedoosama | 2007-01-04 04:39 | ルーマニア全般  

我が家の駄犬、レックス

Kommissar Rexというオーストリアのテレビドラマをご存知でしょうか。
ドラマのタイトルにもなっているレックスという警察犬が大活躍する刑事ドラマです。レックス君は、キリっとしたジャーマンシェパードで、難事件を解決してくれるのです。ルーマニアでも大人気になったドラマです。
b0040048_21461454.jpg

で、このドラマのおかげでルーマニアの多くの犬に「レックス」という名前がつけられることになりました。ただし、それらの犬がドラマのレックスのようにキリっとしているかというと、そうでもないです。
以前、トランシルヴァニアのハンガリー人村に行ったとき、泊まった民宿の犬も「レックス」くんでした。
b0040048_21551296.jpg

・・・まあ、ジャーマンシェパードの血はクォーターぐらいは入っているのでしょうか。色だけがシェパードの面影を残しています。おもくそ耳を上に引っ張ったらちょっとだけドラマのレックスに似てるかも。

そして・・・何をかくそう、うちのだんなの実家の犬もレックス君です。じゃ~ん。
b0040048_225064.jpg

ジス・イズ・ザ・雑種犬。ドラマのレックスの100分の1もキリっとしていない駄犬様です。お手もお座りもできないし、植えた野菜は踏み荒らすし。
でも可愛いから全てを許す。
このレックスくん、お手もお座りも、食事への「待て」も何もできませんが、それにはわけがあります。

だんなの両親は、老後に備えて田舎の家をある人から買いました。両親が家を買ったあと、そこに行ったらぼろ雑巾のようになったやせ細った犬が庭にいたそうです。それが、レックスでした。
レックスの前の飼い主は、家を売ることを決めてから、街に引越してしまい、レックスは連れて行きませんでした。街ではマンションに住むから、もう番犬は必要なかったのです。その家の買い手が決まるまでの間、ひと冬の間、レックスは庭に放置されていました。数ヶ月もの間、レックスは隣の家の人がたまに垣根越しに投げてくれるパンを食べて生き延びました。
だんなの両親がレックスを見つけたときは骨と皮のようになっていたそうです。

今はだんなの両親からエサをもらうようになって2年ぐらい。余分な肉もついています。しかし、飢餓の記憶が忘れられないようで、すんごいでっかい皿に山盛りのエサをもらっても、あせって一瞬で食べつくしてしまいます。「食べる」というよりは「吸い尽くす」という言い方が正しいかのようなスピード。「全国早食いコンテスト 犬部門」があれば、ぶっちぎりで優勝です。

レックスのごはんは、だんなの両親が作りますが、主に「ホネとか肉のかけらを米と煮たもの」です。一瞬で飲みつくすように食べます。ドッグフードとかそういう高級なものは知りません。
私もレックスのごはんと同じものを作って、ときどき近所の野良犬たちに持っていくんですが(※)、野良犬ども、食わねーでやんの。1時間後に見に行っても、半分しか口つけてなかったり。レックスなら3秒で完食ですよ。レックスよ、飼い犬なのに、野良犬より空腹なのかお前は・・・(涙)。レックスに「待て」とか仕込むの、ぜったい無理だから。皿が見えた瞬間に突進してくるから。
野良犬よりも飢餓感の強いトラウマ犬レックスですが、だんなの両親のもとで幸せな余生を過ごすことを願っています。
b0040048_22293011.jpg
肉のためなら空も飛びます。

あ、ちなみにこの写真に写ってる肉を持っている人は私です☆
嘘だよ。

=======
※野良犬にエサなんかあげるな!というご意見もあるでしょうが、行政に犬を保護するなり対策を取る能力がない限り、どうせ犬は減らないんだし、それなら腹を減らせた野良犬がウロウロしているほうが危険だと思う。
[PR]

by heedoosama | 2006-12-28 22:45 | ルーマニア全般  

鼻の下もカピカピになりました

風邪ひいてました。

ルーマニアの冬、空気がめっちゃ乾燥してます。クチビルなんてパリパリになりますよー。
で、大体のマンションはこちらの写真のような、カロリフェルと呼ばれるお湯暖房機器を備えています。ルーマニアの多くのマンションは、火力発電所からお湯をひいてきて、そのお湯をパイプとカロリフェルで全戸にまわして、暖房しているわけです(たまに、マンションの地下に巨大ボイラーがあって、そこからお湯を供給していたりもする)。カロリフェルの中にはお湯が循環しています。
b0040048_6114414.jpg

このシステム、24時間暖房で、寒い国にはありがたいんですが、モーレツに部屋の空気が乾燥するんですね。カロリフェルの上に、小さめのタオル(よくお中元とかでもらう手ぬぐいサイズのタオル)をたっぷりぬらして置いておくと、4時間ぐらいでカラッカラになっています。おそろしー。

で、空気が乾燥していると、あっという間に喉から風邪をひきます。

ルーマニア人はよく「冷たい飲み物は体に毒だ」とかいい、コーラもファンタもビールも冷蔵庫に入れず、ぬるくして飲みます。ましてや、小さな子にマクドナルドの氷入りのドリンクをあげるなんて、「鬼親のしうち」と思われています。マジ。

「そんなアホばっかり言いおってー!!」と私も思っていました。冷たいジュースごときで病気になるか、と。
でも、実際、これだけ空気がカラカラだと、喉の粘膜が敏感になっていて、確かに冬に冷たいものを飲むと(どんなに家の中があったかくても)、喉が痛くなりやすいんですよ。ううっ、ルーマニア人のいうこともバカにできん。。。

通訳と言う仕事をしている以上、喉は「仕事道具」です。
あー、でも、冬はあったかい鍋料理に、キンキンに冷えたビールとか飲みたいですよねえ。ねえ。
[PR]

by heedoosama | 2006-03-25 06:22 | ルーマニア全般  

あいのり

11月28日放送分の「あいのり」ですが、ルーマニア編に突入するそうです。
フジTVで23:00から放送なので、要チェックですぞ。

追記:すいません、最初にUPしたとき、時間間違えて書いてました。
ちなみにルーマニア編でラブワゴンを運転しているのは、私です。

嘘。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-23 04:40 | ルーマニア全般