カテゴリ:ルーマニアで食事( 33 )

 

ブカレストでお茶をしばく

ブカレストの、コトロチェニ宮殿の向かいにすてきな喫茶店があります。
約100種類のお茶を扱う、お茶の専門店です。お茶は、紅茶から
緑茶、煎茶、ウーロン茶などがあります。私が好きなのは、名前は忘れましたが、
インドのお茶でしょうがの入ったやつ。
ごらんのように、一人一人素敵な素焼きのお茶セットにいれてくれます。
b0040048_1805686.jpg

この店、実はデートにとってもお勧めです。もー、かわいいあの子もイチコロ(死語)。
なんでかっていうと、席は店外と店内の席があるのですが、店内の席は
ついたてで仕切られてて、個室風。で、円卓(ちゃぶ台?)があって、薄暗く
ろうそくやお香が焚かれててムードたっぷりなんですわ。お店は、古いお屋敷を
改造していて、そこの地下に入っていくので、なんだかミステリアスなかんじもするし。

カワイイあの子じゃないですが、私も今の彼氏と知り合ったばかりのころ、
ここにつれてこられて、イチコロでした。マジックにやられますよ。
お茶はやや薄いですが(爆)
ただし、すごーく小さい店で、人気もあるので予約は必須です。
特に個室。

Ceai la Cotroceni
Str.Gheorghe Marinescu 25
tel.0721-669-525
※姉妹店が、大学広場から統一広場に向かって歩いた右手の本屋
2階にもあります。コトロチェニ店のほうが隠れ家度は上ですが。
[PR]

by heedoosama | 2005-10-16 18:03 | ルーマニアで食事  

地方をあなどるな

またまたサボリぎみのへーどーです。こんにちは。寒いですよ、
ルーマニア。なんだかいきなりたそがれの秋っていうか、冬な天気です。
夕方、吐く息が白くなって愕然。
なんでこんなに夏からいきなり冬になるんですかね?

ここんとこ、家のインターネットが停止するわ、パソコンの調子は
悪いわ(IEが開けないので、Mozillaを使用)、所要で地方に
行きっぱなしだわでぜんぜんメールも見れてないし、ブログも
開けませんでした。申し訳ない。
貧乏暇なしと言うか、何というか。そのまんまです。

仕事で行った、地方のなんてこと無い街、バカウで恐るべき事実が
発覚。ブカレストから北に4時間半ぐらい、車でがしがし行ったところにある
「やや経済的に潤った地方都市」ってかんじの街です。
その街には、私が今までルーマニアで行った中華料理屋の中で
最も美味い中華料理屋があったのですよ。もうびっくり。

外観は(写真無いけど)普通のイタリアンレストランかな~??みたいな
かんじなんですが、メニューはばりばり中華。そんで、日本人好みの
味。ブカレストでも、地方都市でもどこでも出張で行くたびに中華を
食べてきましたが、これはかなり合格点な店です。横浜で育った私
は、横浜中華街の味に比べりゃ落ちるとは思うけど、ルーマニア
スタンダードでいえば、国民的英雄シュテファン・チェル・マーレもちびる
味でした。わけがわからん。

べつにわざわざ、ブカレストから中華食べにだけバカウまで4時間半かけて
行くことはないですが、お近くにお立ち寄りの際はぜひぜひ行ってみてください。
街の中心に近いので、地元っこにきけばすぐ場所はわかるかと。
ルーマニアに住んでいて、コメとおかずのゴールデンコンビに飢えてる
日本人なら行って損はなし。
Restaurant Latin
B-dul Unirii nr.2, Bacau
tel.0234-510-300
[PR]

by heedoosama | 2005-09-20 05:43 | ルーマニアで食事  

炭水化物万歳

私の彼氏(ルーマニア人)はインスタントラーメンが好きです。ルーマニアでは
ベトナムの袋めんが売ってますが、彼のお気に入りは、アメリカにいる
叔母さんが送ってくれるMaruchanのインスタント麺。
それはいいのですが、面白いのは、ルーマニア人にとってラーメンというのは
あくまでも「スープ類」という扱い。だから、スプーンで食べる。しかも音を食べて
ずるずる食べるのは行儀が悪いので、スプーンで四苦八苦しながら長い麺を食
べてます。はたから見てると、食べにくそうでかわいそう(笑)。これはウチの彼氏
だけではなく、私の見たルーマニア人はみんなこうして食べてます。

さらに、「スープ」という扱いなので、パンと一緒に食べる。麺類にさらに、パン。
炭水化物だらけ。あんたは、関西人か(笑)
「だって、パン食べなかったら、おなかへるよ!パンを食べないと、食事したって
気分にならない!」と言うのですが。
そう、ルーマニア人にとって、パンのない食事は食事ではない・・・かも。

そういえば、前に日本に行ったことのあるルーマニア人の友人も
「日本食はおいしいね。でも・・・なんでパン出ないの?あとで腹へって仕方無い
んだけど」と言っていました。
なんでも、天丼やら、うどんやら、食べた後、どうしても食べた気がしないので
コンビニで食パンを買ってホテルの部屋で食べていたそうです。「そうしたら、
食事した気になったよ、うん」・・・食いすぎじゃ、あんたら。

で、ウチの彼氏の話に戻りますが、ラーメンをスプーンでちまちま、音を
たてないよう気を使いつつ食べ、さらに合間にパンをかじるわけで、
ズーズー豪快に音をたててすする私(パンなし)の4倍くらい時間を
かけて食べてます。その間、麺がのびるのびる(笑)。
まあ、本人は「あーうまかった」とご満悦なので、いいのですが(^^;)
[PR]

by heedoosama | 2005-07-11 04:51 | ルーマニアで食事  

ブカレストで一番の・・・

夏!夏が来ました!暑いです。ブカレストの夏は気温が40度にまで上がります。
夏といえばビールとミティテイがルーマニアの定番。というわけで、食べてき
ました、ミティテイ。

ミティテイというのはルーマニアの国民食で、豚挽肉と牛挽肉(時には羊肉も)
にスパイス類を混ぜて、こねこねして、棒状にまとめたものを炭火で焼いたもの。
「野外で焼く棒状ハンバーグ。中は生焼け」と思っていただければ結構かと。
冒頭に書いたように、ビールといえばミティテイというのが夏のお約束。日本人は
「ビールに枝豆」というように、植物性たんぱく質の摂取に努めますが、ここ
ルーマニアでは肉!夏ばてしてても肉あるのみ!ってなもんです。

ミティテイには、皆が一家言持つこの国において、私は複数のルーマニア人
からある証言を得ました。それは・・・
「ブカレストで一番美味いミティテイを食べさせる店がある」

そりゃ聞き捨てならん、という訳で行ってみたのがバニャサ空港の近くに
あるレストラン、La Cocosatu'です。店名は「せむしの店」という意味です。
ミティテイを焼いている人がせむしなんだそうな。
この店のミティテイが美味しいのは、ただ単に肉がいいだけではなく、隠し味
があるのだとか。それは、牛の骨髄。長時間牛の骨を煮込んで、中から
トロトロになった骨髄を取り出す。それを、肉に混ぜ込むのだそうです。
牛の骨髄とは狂牛病が怖いところですが・・・うーむっ、なんかいかにも旨そう
です。

店の前には、どでかいバナーで「ブカレストで一番美味しいミティテイあります」
と書いてあるではないですか。いやがおうにも高まる期待感。

しかし、私たちが到着した時間は、午後4時という「昼飯時でもなく、夕飯時でも
ない」という中途半端な時間帯だというのに、店内も、外のテラス席も満席。
すごい人気です。これは、相当美味しいものが食べれるに違いない!

なんとか空いている席を見つけ、着席しましたが、そこは日差しがモロにあたる席。
午後4時とはいえ、太陽は真上からガンガン照り付けてきます。
あ、暑い・・・ていうか、もはや「熱い」。
暑さに耐えながら待っていたら、でてきましたミティテイ様が。
b0040048_3393921.jpg

で、お味のほうはというと・・・実は、ミティテイが運ばれてきた時点で、すでに
暑さによりギブアップ状態だった私。「そうめん・・・そうめんが食べたい。
流しそうめんはドコ・・・?!」ってな状態でしたので、とても肉の塊を咀嚼する
気力は残されていませんでした。いや、美味しかったんですけど、なにせ
「暑い」という文字が脳内99%を占めていて、それどころじゃなかったのです。
相方はというと、これはルーマニア人なので人生で今まで数百個のミティティを
食べてきたと思われ、意見を伺うと、「美味しいね。でも・・・この席・・・暑い・・・」
とのことでした。

えー、てなわけで、「日が暮れてから行けば、おそらく美味しい」と思われる
ミティティでした。すいません、こんなグルメレポートで。
ただし夜に行かれる場合、混むので予約が必要かと。昼の場合は、日陰の
席を予約することを強くお勧めします。
b0040048_3424528.jpgLa Cocosatu'
Tel.021-232-8796
Str.Neagoe Voda nr.52A, Bucuresti
[PR]

by heedoosama | 2005-06-29 03:45 | ルーマニアで食事  

ルーマニア的豆腐料理

ルーマニアのスーパーでも豆腐を売っています。TofuもしくはBranza de soia
(大豆のチーズ)という名で売られています。
ルーマニアでは、正教徒が宗教上の理由により、一時的に菜食主義者に
なる時期があり、こういう製品の需要もそれなりにあるようです。私の知り合いの
ルーマニア人女性でも、週に一度だけ菜食の人もいます(毎日ベジタリアンな人は
少ない)。

ルーマニアで売っている豆腐、日本の木綿豆腐に似ていますが、それよりも
さらにボソボソしていて、塩味がついていたりします。ピーマン味のやつも
ありました(^^;)。下は、ウチの近所のスーパー、GIMAで売っていた豆腐。
大きさがわかりやすいよう、携帯電話と一緒に撮ってみました(こういう時、
家にタバコがあると便利ですね・・・)
b0040048_3353258.jpg


和食に使う場合、水にしばらく浸けて塩気を抜いたほうがいいようです。
ルーマニア版豆腐のいいところは、水気が少ないので崩れにくく、マーボ
豆腐等炒める料理にむいています。日本だと、おもしをして水抜き
するのが面倒ですよね~。

てなわけで、ウチでよく作るルーマニアの豆腐を使った料理のレシピを
Upいたします。生活の知恵~。

<あんかけ豆腐>
材料:
豆腐 300グラム
にんじん 中半分
たまねぎ 中4分の1個
干ししいたけ 2枚
ぬるま湯 200cc
片栗粉 少々
小麦粉 少々
しょうゆ 小さじ1

1.干ししいたけはぬるま湯に浸けてもどす。削ぎ切りにする。戻した汁は
とっておく。
2.豆腐は1センチ程度の薄切りに。小麦粉を薄くまぶす。
3.にんじんは細切り、たまねぎは薄切りに。
3.鍋に先ほどのしいたけ汁、しいたけ、にんじん、たまねぎを入れ、
しばらくグラグラゆでる。
4.フライパンに薄く油を引き、豆腐を入れる。片面がこんがり焼けたら、
ひっくり返し、もう片面も同じように焼く。
5.鍋の中の材料がやわらかくなったら、しょうゆで味付けする。水溶き
片栗粉を入れる。
6.5をフライパンに入れる。完成。Din dragosteaを観ながらいただく。

完成図。我が家の手入れのなっていないフライパンとともに。
b0040048_344574.jpg


ちなみにこのTofu、一般にルーマニア人はどうやって食べているかというと、
冒頭に書いたとおり「チーズ」扱いですから、パンと一緒に生で食べたり
するようです。おぇっぷ・・・。

あと、チャウシェスク時代に、食料統制をしており肉が手に入らず、大豆製品
ばかり食べさせられて記憶があることから、豆腐に対しナガティブなイメージ
を抱くルーマニア人も多いよう(肉より劣る、まずい製品というイメージ)。
ウチの彼氏の弟が遊びに来たときもこの豆腐料理を作ったら「豆腐?
いやだな~」という顔をしていましたが、「食え!オラ!」と有無を言わさず
食べさせたら、「うまいやんけ!」と感心してました。やりぃ~。
[PR]

by heedoosama | 2005-06-26 03:50 | ルーマニアで食事  

市場にて

かわもと子さんのんさんじゅき~たさんのブログでも書かれていますが、
ルーマニアの野菜や果物は、安い!美味い!

てなわけで、私も買いました。市場でさくらんぼ、1キロ3万レイ(約120円)なり。
キロ単位で果物売るのが、すごいですね。その場で、はかりに入れて売ってくれます。
ルーマニア人は4キロとか一気に買っていますが、コンポートやジャム類にする人
も多いようです。
b0040048_542299.jpg


今回、さくらんぼを売ってくれたのは、こちらのセクシーおねえちゃん。
「やっだー。写真?アタシ、今日ちゃんとした格好してきてないわよ」
いえいえ、充分おきれいです。
b0040048_574999.jpg

[PR]

by heedoosama | 2005-06-23 05:09 | ルーマニアで食事  

ルーマニアで料理の鉄人になる

長い冬が終わり、今は春から夏にかけての時期。
この時期が、私は一番好きです。
なぜなら、野菜や果物が死ぬほどうまいんじゃ~~!!

何せ冬の間は、来る日も来る日もジャガイモと古びたキャベツと、酢漬けの
きゅうりばっかり食べていました。だって、日本みたいに、一年中トマトや
ナスやイチゴやら出回っているわけじゃないのですよ。ルーマニアでもスーパー
に行けばあるけど、輸入の温室栽培もので、高い。
そう、冬の間、売っている輸入物のトマトを見てもルーマニア人は、「こんな
もの、トマトじゃないよ。紙みたいな味がする」と吐き捨てるように言います。
日本の農薬付けハウス栽培のトマトを食べなれている私は、「そ~お?
十分おいしいじゃん」と最初は思っていました。

しかし、夏のルーマニア産トマトを食べて、その考えは捨てることに・・・
「を、を、ををを?!(言葉にならない)」っていう位ウマイですよ。前にも
書きましたけど。
で、夏が終わったら、このトマトともさよなら。旬の間だけの出会いだからこそ、
貴重でおいしいのですなあ・・・。

そして、今週あたりは、新じゃがとグリーンピースの旬です。グリーンピース
なんて、べつにそんな美味しいものか?と前は思っていました。
「シュウマイの上にちょいと乗っかってる緑の物体」程度の認識しかありません
でした。

しかし、ルーマニアのグリーンピースのうまいこと!!甘くて、かつほのかに
青臭い野菜の味がたまりません。あまりのうまさに、ゆでグリーンピースを
一人で1キロ食べてしまったこともあります(翌日、緑色のアレが出ましたよ。
食事中の人、アイムソーリー)。
この旬のグリーンピースと新じゃがで、ポテトサラダを作ると、「ワシって
料理の天才かも?ねえねえ、鉄人に挑戦できるんじゃない?」って勘違い
するほど、うまいです。自分の腕じゃなくて、素材がいいんですが。
[PR]

by heedoosama | 2005-06-03 03:31 | ルーマニアで食事  

でっきるかな、できるっかな、ふふふ~ん

ルーマニアにもレシピ紹介サイトがあります。
そこを覗いていたところ、「日本料理」の紹介も!おお、どんなレシピじゃろー
と思い、読んでみました。
しかし、しかし・・・一体なんの料理か皆目見当もつかないレシピが・・・。

以下、ルーマニア語から日本語にヘーどーが直しました。

__________________

忍耐揚げ 

調理にかかる時間:1時間25分 
材料:豚肉フィレ、卵、小麦粉、塩、調味料

作り方:
豚肉のフィレは、下ごしらえして縦に3センチぐらいに切る。塩や調味料で味付けする。
オーブンで焼いた野菜を付け合せにする。
___________________

忍耐揚げ(Rabdari Prajite)って何なんですか?材料だけ見ると、とんかつに
近いですが、とんかつに必要なパン粉がない。しかも工程で、どこで卵と小麦粉
を使うかはっきり指示してない。「忍耐揚げ」とか言ってるけど、どこにも「揚げる」
とか「焼く」とか書いてない。生肉食うの??それともレシピのタイトルから
想像して、自分で勝手に揚げるのか?想像力を最大限に駆使しないと、料理
できないこのレシピ。

一体、日本料理の何にあたるのか、誰か教えてください。
[PR]

by heedoosama | 2005-06-02 14:03 | ルーマニアで食事  

ブルーベリーに見るルーマニア経済

前回の続きでブルーベリーのことを。

日本でブルーベリーが「目にいい」とされて、ブームが始まったのは4-5年程度
前だったような気がします。その当時の日本国内での「ブルーベリー需要」の
余波を受け、ここルーマニアにも安いブルーベリーはないか、と探しに来る
日本の業者さんがいました。

私もお仕事で少しかかわることになり、ルーマニアのブルーベリー栽培について
ちょっと調べました。
で、わかったことは・・・「ルーマニアではブルーベリーは『栽培』するものでは
ない」というもの(^^;)。誰に聞いても「ブルーベリー?そんなもの山に入って
採ってくるもんでしょ?」と言う答え。

OH!ワイルド!縄文の採集生活ですか?
たしかに市場でもシーズンになるとブルーベリーを売っていますが、それらは
地元の農家の人が山に入って取ったもの。畑で育てたものじゃないんです。
しかも小高い山なんかでよく育つため、山の上にある村では「ブルーべりー
をバケツ1杯かかえて、下の村に行って、小麦粉とか砂糖と物々交換」
となんていうところもありました。21世紀の欧州において、このような物流
システムが残されているというのは、ミクロ経済的見地からも、稀有な事例では
なかろうか。ていうのは、まあ大げさですが、物々交換の話はホント。
クルミたくさんと、鍋1個という交換事例も見たことがあります。のどかだね~。

で、ブルーベリーですが、ようするにちゃんと「大量栽培」して「計画的に
市場に卸す」ようなもんでは、あまりないようです。全く無いわけではない
そうですが。ですから、「安定した量を」「均一な品質で」提供されることを
要求される日本市場には不向きですね。
まったく栽培されてないわけじゃないんですが(自宅用に少ししか育てて
ない人もいるし)、計画的大量生産というのは例外的なようです。

以前山道を車で走っていたら、ちょうどベリー類のシーズンで、ラズベリーやら
ブルーベリーをバケツ1杯300円ぐらいで売っていて、その安さに
打ちのめされました。まあ、山に入って勝手に取ってくるわけですから、元手は
いらんわな。ようするに300円と言うのは人件費だけなわけですね。それに
しても、安い。大量のルーマニア人がスペインに出稼ぎに行って、イチゴ摘み
労働に従事しているのも、わかる。人件費安いもん。

ちなみにバケツ1杯買われたベリー類は、ルーマニアの工科大学情報処理
学科の学食に売られ、プログラミングを学ぶ学生が、目をいたわるよう、メニューに
使用されてます。
国家をかけて学生の保護およびIT技術向上プログラムに役立てられている・・・
わけではないです。真っ赤な嘘ですよ。信じちゃダメですよ。
ベリー類は一般家庭で、自家製ジャムを作るのに使われてます。うまいっす。

前に、ロマのおばちゃんで、山に入ってベリー類を採って、道端で売りさばいて
いる人に突撃インタビューを試みたところ、「旬の時期はねー、クマとの競争
だわさー。クマもラズベリーとか好きだもんでさ。クマに採られるか、自分が
採るか
、の争いだわね」との答え。タフなご職業のようです。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-26 03:28 | ルーマニアで食事  

ブルーベリーの効き目

薬局に行ったら、ブルーベリーの錠剤を発見。日本では数年前から「ブルーベリーは
目にいい!」と言われていますが、「へー、疲れ目にいいかも」と思い、購入。
値段も40錠入って、たしか日本円で200円未満だったので、安いなーと満足満足。
b0040048_3323931.jpg


で、家に帰って、ルーマニア語で書かれたパッケージの「効能」を読むと、「糖尿病
による毛細血管障害に」と書いてあります。

へ・・・?

日本では「パソコンで目の疲れた方に!」とか言って売られているブルーベリー
エキス。コンビニデザートなんかでも、一時期ありましたよね、ブルーベリー
ソースのかかったパンナコッタみたいなのとか。で、パッケージに「目の健康に!」
とか書いてありましたよね。
しかし、糖尿病による血管障害とか言われると、「ワシが飲んでもいいのか?」
と不安になってきます。まわりのルーマニア人に聞いても「ブルーベリーって
目にいいんだ?へ~、知らなかった」との答え。みのもんた、この国に来て教え
たれ~!

でもルーマニア語の効能書きをよく読むと「網膜の血管障害に効く」とも書いて
あるので、なんとか疲れ目にも関係ありそうな様子。ほっ。
[PR]

by heedoosama | 2005-05-25 03:34 | ルーマニアで食事