「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ブルガリア&セルビア( 7 )

 

ブルガリアも変でいい国です

前回の続きで、ブルガリアについて。
ドナウ川のほとりに位置するブルガリアの街、ルセはロマンあふれる街です。

どこがどうロマンあふれるかというと、

肉まん屋があるのです。

すげーよ、ブルガリア!テイクアウトの肉まん屋があって、店内でも食べれるんですが、次々とブルガリア人が来ては、肉まん食って出ていくのです。しかもね、店のガラス戸にはブル語で「朝食に」とか書いてあるし。肉まんって朝ごはんだったの?
ともかく、本物のちゃんとした肉まんが食べれるのです。具はヨーグルトとかじゃないですよ。え、偏見ですか?

豚まん、鳥まん、野菜まんの3種類があって、1個0.7レバ。約50円。
安いし美味しいので、いい店なんですが、ひとつ気になることが。
それはチープな中華風な門構えのことかというと、そうではなくて。
b0040048_2372824.jpg

看板には何故か「犬」の文字が。
b0040048_239457.jpg

い、犬肉なんですかーーーーーーーっっ?!
[PR]

by heedoosama | 2006-04-30 02:42 | ブルガリア&セルビア  

ブルガリアの靴

ブルガリアに行った話しの続きを。ヨーグルトの話じゃないですよ。

国ごとにファッションの違いがあって、それを観察するのも旅の楽しみですが、ブルガリア人女性のファッションの好みはルーマニア人女性のそれとだいたい似ています(でもブル人はルー人よりもさらにケバい・・・)。しかし、靴の好みはけっこうブルガリア人は独特だと思います。ていうか、すごい変。ああ、言ってしまった。
b0040048_2453471.jpg

ありとあらゆる靴屋でゴテゴテした派手派手の靴ばかりが並べられ・・・。
どうしてなんですか。シンプルな靴はダメなんですか。教えて琴欧州。下駄はシンプルだから嫌いですか。

ルーマニアのほうが靴はまだ少しはシックです。ああ、身びいき。
[PR]

by heedoosama | 2006-04-28 02:49 | ブルガリア&セルビア  

セルビアに行きましたよ ~メシ比較編~

セルビア旅行の話をひっぱります。

メシはどうだったかというとですね、セルビア料理について語ろうとしても
snow62さんちで食ったビビンバがうまかったとか、An-chanさんちで
食ったシメジの味噌汁また飲みたいなあとか、セルビアブロガー様
たちが日本食に飢えた私のために作ってくださった、すんばらすぃ~手料理
の数々が思い出されてしまって・・・。で、肝心のセルビアのメシについては
あんまり覚えてないんですが、少ない脳みそを叱咤激励して思い出して
みます。やっぱですね、海外、しかもルーマニアなんていう、日本食があまり
食べれない国にいると、どこ行っても結局日本食が有難かったりします。

セルビア料理、ブカレストのセルビアレストランでも何度も食べたのですが
今回も再認識したことは「基本的にルーマニア料理と近い。しかし、さらに
肉」ということです。「さらに肉」とは、O-zoneの「恋のマイアヒ」空耳Flash
に出てくる歌詞ですが、まさにそんなかんじ。肉!肉喰え!!それがセルビア
料理。
b0040048_3514268.jpg

この写真はベオグラードの伝統的レストランで撮ったのですが、この巨大
ハンバーグのボリュームを見てください。ルーマニアにもハンバーグ的な
ものはありますが、ここまでハングリータイガーなものはありません。皿は通常の
サイズの大皿です。ケーキ用の小皿とかじゃないですよ。念のため。

そして、横の「赤ピーマンのマリネ」。これはルーマニアもあります。へーどーの
好物です。「あ、これルーマニアでもよく食べてるし、注文しよう♪」と何も
考えずに頼んでみたのですが、実物を一口食べてビックリ。生のにんにくスライス
が、かかっています。うひょー。ルーマニアでは、それは禁じ手ですぞ。
別のベオグラードのレストランでも同じメニューを頼んだら、やっぱり生にんにく
がついていました。口くさい。美味しかったですが。

要するに、総括すると、「セルビア料理はルーマニア料理と似ている。しかし、ボリューム
が多かったり、にんにくが効いていたり、より男らしいメニューである」ってこと
ですね。セルビアでは、あごひげの生えたオバチャンを見ましたが、男らしかったなあ。
メシのせいか?
[PR]

by heedoosama | 2005-11-02 04:08 | ブルガリア&セルビア  

セルビアに行きましたよ ~セルビアの教会で~

セルビア旅行の話の続きです。

ベオグラードの城砦をうろうろしていたら、城砦に付随する教会を見つけました。
おおっ、教会はすごい人だかりです。
b0040048_30387.jpg

そこらへんにいた人をとっつかまえて聞いたら、この教会は聖ペトカちゅー
有難い聖人を祀っていて、たまたま今日がその聖ペトカの日なんだそうです。

しかし、気づいたら教会の前庭には、人がたくさんかがみこんで、何かを
探している様子。
b0040048_311030.jpg

「きっと誰かがコンタクトレンズを落としたので、皆で探してあげているに
違いない。さすが親切なセルビア人だ!」と勝手に納得していたのですが
よーく見たら、どうも違う様子。そこで早速、再び罪のないベオグラード市民を
とっつかまえて「ナニ探シテルアルカ?」と聞いてみました。私の乏しい
英語能力と、相手のさらに乏しい英語能力及び渾身のジェスチャーをつなぎ
あわせて判明したところによると、皆が芝生の間を探しているのは、麦の実。
司祭がお清めしたムギをばら撒いて、それを探し当てた人には幸運が
訪れるそうです。何人かの人は実際に見つけていて、嬉しそうに帰っていきました。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-01 03:10 | ブルガリア&セルビア  

セルビアに行きましたよ ~セルビアのブロガー~

セルビアでは、いつもブログで交流させていただいているAn-chanさん
snow62さんのお宅にお邪魔しました。

セルビアではめちゃんこ親切な人にたくさん出会ったのですが(バスターミナルで
迷っていたら、セルビア人の女の子が手を引いて切符売り場まで連れて行って
くれたり)、この日本人のお二方も、素晴らしい人格者でした。ああ、爪の垢
もらっときゃよかったなあ、って後悔するくらい。煎じて飲みますよ。

ルーマニアから来た得体の知れないブログ書きを家に泊めてくださった、美人の
An-chanさん、ブログに私が書いたコメントを覚えていてくれて私の好きな鮭の
照り焼きを作ってくれたsnow62さん、お二人の親切には頭が下がります。
いつか必ずルーマニアにも来てくださいね。ルーマニア名物、灰色のマンションに
泊まっていただきます(爆)

An-chanさんの町にあった、マクドナルド。ひえー、マクドナルドの建物まで
かわいいですよ。何なんだ、セルビア。b0040048_2154356.jpg
[PR]

by heedoosama | 2005-11-01 02:37 | ブルガリア&セルビア  

セルビアに行きましたよ ~比較考察編~

4日間、お隣の国セルビア共和国へ行ってきました。遊びに。

電車で行ったのですが、ブカレストーベオグラード間の往復寝台は250レイ(約1万円)
でした。国境では何も特に聞かれることなく通過。えがったえがった。

ベオグラードでは観光しました。てくてく歩いて。ベオグラードには城砦があって、そこに
登ったんですが、眺めサイコー。サバ川とドナウ川の合流地点が見えるのです。
サバ川には鯖は、いません(私、最低ですか?)。
b0040048_1125953.jpg
川のある街ってやっぱりいいですね。わが街ブカレストですか?あー、なんかありますね、ドゥムボビッツァ川とかゆー、チェウシェスクが掘った運河が。限りなく淀んでいる、ブカレスト名物の川。

ベオグラード、町並みもきれいです。建物カワイイ。
なんと言ってもすごいのが、ブカレストにあるような、典型的共産主義的ちっくな
灰色に煮しめたようなマンション郡がないということ。マンションはあるんです
けど、ちょっとかわいいの。
茶色い民族調の屋根が乗っかってたりして。
b0040048_121318.jpg

その他、古そうな建物もきれいにペンキ塗られてます。すごいすごい。って
いうかそれがあたり前なのね・・・ブカレストにいると、建物というのは
すべからく排気ガスにまみれて灰色であるべし、というのが万有引力の法則より
確かなものという気がしていたのですが。そんなの嘘だったのね。おかーちゃーん。
b0040048_1402050.jpg

b0040048_1413579.jpg


で、まあ、ピザはうまいし、高速道路に穴はあいてないし、An-chanさん
セルビア人のだんなは私のルーマニア人の彼氏よりカッコイイし、
ついつい全てルーマニアと比較して、「いけてるやん、セルビア!」
と臍を噛む思いをしてたのですが(これって「隣の芝生は青い」ってやつ?)。
でも、セルビアでわが国ルーマニアの国産車ダチア・ロガンを見たときには
思わず「おお!!」と喝采してしまい、「やっぱ何だかんだ言って、私って
ルーマニア愛国者」と自覚してしまいました。こちらは、ベオグラードの街の
中心にあった、ルーマニア資本のコンピューターショップ。思わず嬉しくなって
写真を撮ってしまいました。ちょっと己の中に眠るルーマニア右翼ちっくな自分を
発見してしまいました。
b0040048_156471.jpg
[PR]

by heedoosama | 2005-11-01 02:04 | ブルガリア&セルビア  

ヨーグルトについて聞きたい

ヨーグルト国家ブルガリアへ行ってきました。というか、1週間の間に
2回も行ってしまいました。1回目は仕事で、2回目は遊びで。心なしか
体がヨーグルト臭いような気がします。嘘です。

ヨーグルトは1回しか食べてませんが(ホテルの朝食で出た)、
美味しいですね。明治ブルガリアヨーグルトと酷似した味ですが。

仕事でブルガリア美人とお知り合いになったのですが、その場に
いた日本人が皆、彼女に
「やっぱりヨーグルトは毎日食べるんですか?」
「1日3食ヨーグルト食べても平気ですか?」
「食べ物にもヨーグルト入れるんですか?」
「明治のヨーグルトについてどう思いますか?」
と、ヨーグルト系の質問攻撃を行っていたのが面白かったです。
失礼とは思いながら、やっぱり日本人としては気になりますね。
なお、答えは上から順に、「はい」「はい」「入れます」「美味しいです」
とのことでした。期待にたがわない答えで、一同満足。
ヨーグルトの天ぷらとかいう料理もあるらしいです。想像不可能。

なお、ルーマニア-ブルガリア間国境を普通車で超えたのですが、
これがルーマニア側、ブルガリア側のそれぞれの国境で
「消毒代」「橋の通行料」「通関手数料」「車の保険代」「道路税」
などと、ありとあらゆる名目で税金を取られます。それらの合計金額が
約80ユーロぐらいでした(行きと帰りの合計)。
バカにならない金額ですね。許せん。ヨーグルト撒くぞ。
ていうか、ルーマニア側の国境で取られる金額のほうが、ブル側より
ほのかに多いんですが。あーうー。

ちなみにブカレストから、ブルガリアとの国境までは車で1時間程度
です。東京からドライブして、横浜の夜景を見に行くような感覚で
ブルガリアまで行けます。
[PR]

by heedoosama | 2005-10-10 05:52 | ブルガリア&セルビア