陶器を買いにホレズへ

陶器で有名な町、ホレズに行ってまいりました。
ブカレストから北東に4時間程度。
ここの陶器、素朴な味わいがたまりません。しかも安い。
皿1枚5万レイって・・・100円ショップ並みの価格設定です。
ひとつひとつが手作りで、すべて違う。縁がちょっとゆがんでる。
とてもかわいらしい、土のぬくもりが伝わるルーマニア陶器
が私は大好きです。

聞けば、原材料は山から取ってきた土で、それを陶工自ら
が加工して粘土にするため、材料費はゼロ。そりゃ、安い
はずだわ・・・。

町全体が、陶工だらけなんですが、この町の中でも
特にすばらしい作品を作るという、匠の家を知人に教えて
もらっていたのでそこ、をたずねました。

うん、たしかに匠の作品は、違う・・・。ちょっとの差だけど、
他の人より丁寧で、デザインも優れている。価格は他の2倍だけ
れど、それでも安いし、買う価値大!!!
というわけで、事前に懸念していた通り大量に買っちまいましたよ。
作ったおばあちゃんは、もう引退間近というご高齢で、あれだけ
丁寧な仕事をする職人はもういないんだろうな、と思うと
悲しくなりました。

割れてもい、気楽につかってね。おいしいごはんを、これで
毎日食べてねって言ってくれているような作品たち。愛い奴らです。

宿は、目当ての民宿が満室で、そこで紹介してもらった隣村の
べつの民宿・・・というか、普通の農家に泊まることに。
もちろんルーマニアですから、食事は自家製のミルクにバターに
チーズにママリガ(トウモロコシの挽き割粉)にジャムに・・・
とすべて自家製!村は平和そのもの(牛糞だらけ)、メシはうまいし
安いし、宿は質素ながら清潔だし、しあわせ~。
でも、この宿、どこにも看板が立っていない。いい宿なのにもったいない。
私も、人に紹介されなかったら知らなかったよ、こんな宿・・・。

あ、そうそう、陶工の町ホレズには、世界遺産の修道院があるのです。
清楚かつ、力強さを感じさせる建築様式の白い修道院が、紅葉
の山を背景に建っている様子は、荘厳でした。し、か、し。
この修道院も、どこにも「ユネスコ世界遺産に認定」なんて書いていない。
町からバスが出ている様子もない。
なんというか、ルーマニアの商売っ気のなさ、素朴さを感じさせる
一件でした。
[PR]

by heedoosama | 2004-11-01 08:02 | ルーマニアで芸術  

<< さらば ネカマ疑惑 >>