ブルガリアも変でいい国です

前回の続きで、ブルガリアについて。
ドナウ川のほとりに位置するブルガリアの街、ルセはロマンあふれる街です。

どこがどうロマンあふれるかというと、

肉まん屋があるのです。

すげーよ、ブルガリア!テイクアウトの肉まん屋があって、店内でも食べれるんですが、次々とブルガリア人が来ては、肉まん食って出ていくのです。しかもね、店のガラス戸にはブル語で「朝食に」とか書いてあるし。肉まんって朝ごはんだったの?
ともかく、本物のちゃんとした肉まんが食べれるのです。具はヨーグルトとかじゃないですよ。え、偏見ですか?

豚まん、鳥まん、野菜まんの3種類があって、1個0.7レバ。約50円。
安いし美味しいので、いい店なんですが、ひとつ気になることが。
それはチープな中華風な門構えのことかというと、そうではなくて。
b0040048_2372824.jpg

看板には何故か「犬」の文字が。
b0040048_239457.jpg

い、犬肉なんですかーーーーーーーっっ?!
[PR]

by heedoosama | 2006-04-30 02:42 | ブルガリア&セルビア  

<< ルーマニア的鳥インフルエンザ予防法 ブルガリアの靴 >>