ドナウ川で洪水(記録的水位)

ドナウ川が洪水になって、ハンガリー、ルーマニア等で被害が甚大であることは、日本でも報道されているようですが、わが街ブカレストはとりあえず被害を免れています。
本日、野暮用でルーマニアとブルガリアの国境地帯(ドナウ川)に行ってきたのですが、その被害状況を目のあたりにしました。ブルガリア側のルセという街です。
b0040048_3432722.jpg


ドナウ川のほとりに遊歩道があって、散策できるようになっているのですが、遊歩道の一部が冠水しています。いつもは、画面上の草が生えているところまでが地面です↓
b0040048_34835.jpg

水位が上がって船が浮いてきてしまったために従来の桟橋が使い物にならなくなってしまいました。代わりに、急設の桟橋をつけたのがおわかりいただけるでしょうか↓
b0040048_350074.jpg

川の側の小屋は床下浸水?
b0040048_352173.jpg

しかしブルガリアールーマニア間のジュルジウールセの国境は特に交通に支障は無いようです。ルセの街も、川の側の遊歩道がちょっと幅が狭くなっただけで、生活に支障はなさそうです。
新聞報道によると、ルーマニア各地で1万5,000人が避難生活をおくっており、特にドルジュ県、カララシ県、トゥルチャ県、ブライラ県で家屋浸水、道路冠水などの被害が広がっているとのこと。もうすぐGWで観光シーズンですが、ドナウデルタに行かれる方は危ないかもしれないので、ニュースを常にチェックされたほうがいいと思います。ただし、日本人観光客が特に多いブカレスト、シナイア、ブラン、ブラショフ、5つの修道院あたりは特に問題ないと思われます。今日の時点で、ドナウの水位はようやく下がり始めたとのことなので、一日も早く事態が収まるよう願います。

ハンガリーの洪水の様子はこちらのブログで写真が見れます。
いつもTBさせていただいているマリチカさんのところからも、またTBさせていただきました。
[PR]

by heedoosama | 2006-04-27 04:13 | ルーマニアのニュース  

<< ブルガリアの靴 イースター料理集 >>