年越しそばのアイデンティティーを問う

ルーマニアのトンデモ広告は、以前こちらこちらの記事でご紹介しましたが、またもや我々の想像を越す、いいネタを見つけてしまいました。
それは、中華料理の出前の広告。
b0040048_212723.jpg

なんで中華デリバリーの広告にセクシーねえちゃんが?とかそんなことは、どうでもいい。ルーマニアに長年住んでいると、そんなことは微塵も気になりません

問題はこの写真の焼きそばみたいな物体の品名ですよ。「年越しそば」って。どんなに目をこらしても年越しそば見えません。
私は日本を離れて5年半になりますが、いつの間にか年越しそばってこういう料理になっていたんですか?知らんかったー。

しかもその下に「日本でナンバーワン!HAKUBAKU麺」とか書いてあるし。「はくばく」って何?白麦(押麦の一種らしい。雑穀)ですか?えらいマニアックですね。白麦なんて、まだ「あるある大辞典」ですら取り上げてないんじゃないだろーか。

誰か、この「自称年越しそば」を注文してみてください。味が知りたいけど、自分で注文するのはいや(笑)
[PR]

by heedoosama | 2006-04-15 02:24 | ルーマニアの広告  

<< 塩の町、スラニック・プラホヴァにて また新札出すらしいですよ >>