自分で判断するしかない?!

ただ今、晩御飯を作っています。今日のおかずは、ハンガリー料理の「グヤー
シュ」です。ルーマニアでは「グラーシュ」と言います。シチューみたいな食い
もんです。
たまたまスーパーで下のような「グヤーシュの素」を見つけたから作って
みようと思ったんですけどね。で、家に帰ってこの調味料、裏を見てビックリ
ですよ、あーた。
b0040048_334686.jpg
作り方が書いてねえ。
あまつさえ、材料の量すら書いてないですよ?
とりあえずインターネットで「グヤーシュ レシピ」で検索したら作り方は
見つかったものの、果たしてこの1袋に対し、肉は何グラム使ったら
いいのかわからん。適当に500グラムほどぶち込んでみましたが、これで
あっているという根拠はどこにもない・・・。

日本ではカレーの作り方なんて、センター試験に出るくらいの一般常識
なのに(嘘)、どのカレールーを買っても、わざわざ裏に作り方が書いてありますよね。

つくづく思うんですが、日本って、何もかもがおせっかいなぐらい親切に
できてますよね。
片や、こちら個人主義の国、ヨーロッパ。「自分のことは自分でなんとかしな!」
というコンセプトが行き渡ってます。グヤーシュのパッケージひとつとっても
しかり。

日本では電車に乗れば、「次の駅は○○です。急行待ち合わせいたします。
お急ぎの方は向かいのホーム○番線から○時○分発、◎◎行きの急行に
お乗りください。●●方面行きは、ホーム××方向のぼり階段より、●番線
にお乗りください。○○を出ましたら、次は△△に停まります。本日、雨のため
傘のお忘れ物が大変多くなっております。どうぞお気をつけください。ホームと
階段の間、開いておりますのでお足元お気をつけください。間ぁもなく、○○~
~~、○○~~に到着いたしまぁす」と、えらい親切で長いアナウンスが
ひっきりなしに流れますが、ルーマニアでは電車のアナウンスなんて無い
。。。多分自分で気をつけるのが当たり前だと思われてるのかな。

日本はファミレスで食事すれば「お皿が大変熱くなっておりまぁす。お気をつけ
くださーーい」とか言われるし、ほんと親切国家ですね。ま、それが必ずしも
いいこととは限りませんが。時としてうっとおしいし。
ルーマニアのレストランで、肉のじゅーじゅー鉄板焼き見たいなのを頼んで
何にも言われなかったから自分でふた取ったら、まだじゅーじゅー言ってて、
肉汁飛んで服汚しましたけどね。こういうのは、自分で判断して気をつけない
私がいけないんだろうなあ。ビミョー?
[PR]

by heedoosama | 2006-02-11 03:05 | 嗚呼、愛すべきルーマニア人  

<< 何なんでしょう ハニーな生活 >>