「ほっ」と。キャンペーン

駐車場がない!

マリチカさんのところから、TBさせていただいてます。

普段ルーマニアについて碌でもないことばかり書いているので、たまには、いいことも書きますぞ。ほら、ブカレストにはこんなヨーロピアン風の素敵な建物もありますよ。国立図書館です。
b0040048_4452274.jpg

とか言いつつ、今回の記事はそういうことが書きたいわけじゃないのです。すんまへん。

この写真で見てもらいたいのは、路上駐車している車の数。

ブカレストの路上は、駐車している車だらけ。現在、ブカレストでは、平均所得が急上昇し、銀行からの融資の一般化ともあいまって、新車を購入する人が増えています。日本の場合は古い車は下取りに出しますが、こちらでは、古い車も持ち続ける人が多いです。なぜか。日本は車1台につき、車庫証明が必要で、駐車場代が大変ですが、こちらは車庫証明は必要ないのです。車を100台買っても、路上駐車させとけばオッケー。だから古い車も、セカンドカーとしてとっておいても、大して経費はかからないというわけです。

というわけで、新旧含めたさまざまな車が、そこらへんも路上に駐車されています。
一般的に、アパートにも住民専用の駐車場がついているところは少ないです。アパートの前の道路にテキトーに駐車するだけ。それも早いもの勝ち。

もちろん、車の通れるスペースは少なく、したがって、道路は大混雑大渋滞しています。
ブカレストにお出かけの方、車での市内移動を考えていらっしゃるなら、時間に余裕を持った行動をおすすめします。

ブカレスト市では、立体駐車場がようやく建設中だったり、巨大地下駐車場を作るプロジェクトもありますが、果たしていつできるのでしょうか。毎年、新車だけで販売台数が20-30%とか上昇している今の状態では、ジリ貧です。ちゅーことはですよ、このペースが続けばあと5年でブカレスト市内の車の数は今の倍になるってことですか。一方、市が計画している地下駐車場なんて、どうせ焼け石に水だし、ますます市内は身動きが取れなくなることいは、必至。

私が来た5年前は、市内の渋滞なんてほとんど無かった気がしますが・・・。発展している国の勢いを感じますが、すでに飽和状態に来ている気もします。
[PR]

by heedoosama | 2005-11-19 05:04 | ルーマニア全般  

<< 寒いと思いましたよ 腰くだけてください >>