ルーマニアに鳥インフルエンザが上陸しました。コケー。私も感染した
ようです。コケーコケー。

こんな文章書いてると、わがブログの、普段から少ない読者様がますます
減りそうですね。
インターネット上では「ブカレストのケンタッキーでチキンを食べた人が
翌日、救急病院に大量に担ぎ込まれた!」なんてデマが流れていましたが、
もちろんデマはデマ。街は平静。小生も、隣のスーパーで鶏胸肉を購入して
チキンピラフなど作っている、普通の土曜日です。

気になるニュースとしては政府が、鳥インフルエンザが発生した
付近の村の住民にガツンガツンとワクチンを打ちまくっている
らしいですが、国内にそれほどワクチンの在庫がなくすでに
不足気味ってことでしょうか。
今回の鳥インフルエンザは、ペリカンの繁殖地ドナウデルタで、渡り鳥から
家禽に感染したもののようで、保健省は「渡り鳥と家禽の接触を
無くさなければならない」とか言っていますが、自然の楽園ドナウデルタ
で渡り鳥が入ってくるのを防止することもできんし、そこらへんの農家で
ノンビリ育っていた鶏さんを閉じ込めとく設備は誰が作るのよ?って
わけで、おそらく何の対策も取られないまま、知らんない間にほとぼりが
さめて、ウヤムヤのままに終わるほうに100万レイ。
[PR]

by heedoosama | 2005-10-16 01:36 | ルーマニアのニュース  

<< ブカレストでお茶をしばく 『ラザレスク氏の死』 >>