「お茶碗に箸を突き立ててはいけません」みたいなことか

家にアロマキャンドルがあったので、2本灯してみました。
うふふ、ロマンチック~と悦に入っていたら、彼氏が見つけて一言。
「ああ~っ!それじゃ、死んだ人用になっちゃう」

なんで?と聞いたら、「ろうそくを偶数本ともす時は、死んだ人の
ためにともす時だから」、だそうな。普段ともすなら、奇数の本数
ともさなきゃいけないんだそうです。
たしかに西洋のろうそく立てって、奇数分のろうそくがともせる
やつが多いかも。
こんなの↓b0040048_2027550.jpg


そんなわけで「奇数にしなきゃ」と彼氏、もう1本ろうそくを
ともしてくれました。めでたし、めでたし。

ただし、全部で3本になったはいいものの、それぞれ「パイナップルの
香り」「ラベンダーの香り」「薔薇の香り」と臭いがバラバラだったので、
アロマの癒し効果もどうもイマイチ・・・(苦笑)
[PR]

by heedoosama | 2005-09-28 13:03 | ルーマニアの風習  

<< タクシーの話とか 旅の記録 ~ペットボトルの中身~ >>