余の辞書にサービス精神という文字はない

◎変な話 その1

昨日、近所のスーパーで買い物をした時のこと。
食料品をカゴにつめて、レジに持っていって、レジのお姉さんがピッピッと
バーコードーを読み込む機械に通してくれます。で、ヨーグルトのところで
なんだかお姉さんがバーコード読み間違えたのか、何なのか、
何度もヨーグルトを機械に通したり、取り消しボタンを押したりガチャガチャ
やっています。
で、会計するときに、お姉さんも自分がヨーグルトの個数を打ち間違えたの
ではないかと不安になったのか、レシートをじーっと確認して、「大丈夫
です」と言って、お買い物終了。

「でもなんか・・・不安」と言ううちの彼氏、家に帰ってからレシートを
見直したら、不安的中。ヨーグルトを4個しか買っていないはずなのに、
7個も買ったことになっているじゃあ~りませんか。
おいおい、お姉さん、レシート確認してたのはなんだったんじゃあ~??

彼氏はすぐスーパーに戻って、返金請求しにいきました。
で、普通なら買ってないヨーグルト3個分のお金が返ってくると
思うでしょ?

彼氏、ヨーグルトをさらに3個抱えて帰ってきやがった(爆)

「いや、返金はできませんって言うから、余計に払った分
ヨーグルト3個もらってきた」って・・・。脱力しましたよ、私は・・・。
冷蔵庫の中、でっかいヨーグルトだらけですよ。どーすんの。
うちのミスじゃないんだから金かえせーーー。って思うのは私だけ?

◎変な話 その2

本日、用事があって、銀行に行きました。
窓口すいてる、ヨカッタヨカッタと思いつつ窓口に近づいていったら、
窓口手前50センチの地点に到達した時点で、横からすごい勢いで、
女が飛び出してきて窓口に居座りやがった。
ええ、「あら、あなたお先にどうぞどうぞ」「いやすみません、お宅様の
ほうからお先にどうぞ」なんて譲り合い精神は、はなから期待してま
せんよ・・・ここは弱肉強食の国、ルーマニア。

で、その女「ね、○○ちゃーん、私、500レイ自分の口座から引き
出したいのよ」と窓口の行員になれなれしく話しかけてるなあ
と思ったら・・・そこの銀行の行員バッチをつけてるじゃありませんか。
自分とこの社員かよー!客に譲らず横入りしても、なんとも
言われないんですね。

そこの銀行、ほかの窓口にいるときも、私が窓口の人と話し
てるのに別の行員がどんどん横から入ってきて「○○くん、
これ私の口座から振込みするから、手続きしといて」とお構いなし。
日本の銀行のように、サランラップのひとつもよこせ、なんて
言わない・・・行員の私用があるなら、すべての客の後回しにしろ
とは言わんが、せめて並べ。

ま、ルーマニアにおける接客業の態度の悪さor理不尽さには
すーっかり慣れた私ですが、たまにはブログで怒りをぶちまけて
みました。逆に日本のマニュアル棒読み接客も気持ち悪いですが、
所詮はそれに体が慣れてしまった軟弱日本人なのだなあと
自分を振り返ってみます。とりあえずヨーグルトだらけの冷蔵庫の
中をどうにかしたい。
[PR]

by heedoosama | 2005-09-07 01:57 | 嗚呼、愛すべきルーマニア人  

<< 地方をあなどるな ジョルジェ・エネスク音楽祭へ行... >>