「ほっ」と。キャンペーン

ブカレストの病院へ行く

やっぱり体調不良で旅行は延期になってしまいました。がっくーん。
実は風邪のせいか、あまりにもおなかの具合が悪く、病院に
行ってきたのですが、点滴をうたれてしまいました。人生初の点滴でした。
そんなに体調悪かったのか・・・(^^;)

私がいつも体調悪いときに利用している病院は、ブカレスト市内の
ヴィクトル・バベシュ病院というところです。半年に1回ぐらい
行っています。この病院は私立で、診察料金は「ここは物価の安い
ルーマニアじゃないのか?!」と思うぐらい高いです。
今回も、診察+う○こ検査+血液検査+点滴(リンゲル)で
250レイ、つまり約1万円とられました。ルーマニアのつつましい
公務員の月給にせまる額ですよ。おかげでいつ行っても病院内
はガラガラ・・・。

その分、病院内はきれいだし、私の知る限りは先生の診断も的確
だし、注射針なんかも使い捨て。。。で、さすがに「はじめての人の
セルビア生活」のAn-chanさんが書いてらしたような
汚いトイレ
もありません。(でもAn-chanさん、安心してください(?!)、ルー
マニアの地方の公立病院もきっとあんなかんじです)

でもですね、そこの病院に対してひとつ不満があります。今回点滴
を打った際、2時間寝ていたベッドに枕が無かったことなんかじゃ
ありませんよ。(それもどうかと思いますが・・・)
半年に1回はそこにお世話になっているにもかかわらず、そこの
病院にはどうも「個人用カルテ」っていうものを取っていないようなんで
す。行く度に、初診患者のように「生年月日は?」「既往症は?」
「ご家族の中に重い病気をされた方はいらっしゃいますか?」
「薬剤に対するアレルギーはありますか?」
「ご職業は?」と医者に聞かれて、先生もそれをふんふんと書き込んで
るのですが、その書付が次回診察のときに出てくることは
絶対無いのです。
こっちは具合が悪くてフラフラなんだから、いちいち「私は小学校
のときに小児喘息をやって、父は高血圧で、母方の祖父は結核をやって、
父方の祖父はパーキンソンで・・・」など会話してないで、さっさと
今の自分の症状を説明したいわけです。
でもゼッタイこの病院では毎回この「質問集」が診察の最初に
聞かれるのです。ゼッタイ同じ質問なんです。
そんなもの、カルテを作って初診時の問診として残しときゃいいだろー!
と思うのですが・・・(--;

血圧を測っても「今の血圧は○○ですが、これって普段のあなたの血圧
より低めですか?」と聞かれるし。毎年お宅の病院で健康診断受けて
るんだから、私のカルテぐらい作ってそこに数値残しといてくれ・・・
と思ってしまいます。

別に電子カルテを作成しろといわないけど、普通の「カルテ」ぐらい
作ってくれないと、患者の体質を総合的に把握できないと思うのは
私だけでしょうか。私の場合薬物アレルギーは無いから良いけど、
あった場合、とても不安ですよね。「私には○○を含む薬は処方しな
いで」っていちいち先生に確認しないといけないのですから。
日本の病院は見事に効率化されてるからなあ・・・。
便利になってきたけど、「まだまだかなあ」だと思うルーマニアでの
一日なのでした。いい国なんですが、病気するとやっぱ、不安になりますね。
まず、病気ならブログ更新してないで寝てろってかんじですか?
すみません(^^;
[PR]

by heedoosama | 2005-08-28 00:09 | ルーマニア全般  

<< ルーマニア人をなめてはいけません どうなる、旅行。 >>