このレシピでサルマーレを作れるか

こんな広告がルーマニアの雑誌に載ってました。「おお、何じゃ?日本語では
ないですか」と思わず望郷の念に駆られて(ウソ)、記事を引き寄せてみました。
b0040048_4142384.jpg


それはクノールの懸賞の宣伝で「クノールの製品の空袋をあつめて送ると、
世界一周旅行が当たる!君も日本に行って日本人にサルマーレの作り方を
教えよう!」というもの。別に旅行の目的にサルマーレの作り方教室なんて含
まれてないんですが、そこは言葉のあや、というか「全く自分に縁がないと
思えることでも、クノールの懸賞に応募すれば可能になるかもよ」っていう含み
があるんだと思います。ロマンですね。世界一周旅行。
あ、ちなみにルーマニア通の人は耳にタコができるぐらい聞いたことだと
思うんですが、サルマーレっちゅうのはルーマニアの伝統料理ですわ。

なかなか面白い趣向の広告です。なんとなく人目をひきますね。
しかし、しかし・・・。
この広告、別の意味で、私の注意をひきまくってしまいました。
拡大図↓
b0040048_4305668.jpg


最後のほうの「鍋は中火の天火に2-3時間の為にを入れる。サルマレが膨れるので
鍋を一杯入れない」なんて、かなりキテレツです。正しい日本語は「中火のオーブンで
2-3時間焼く。サルマーレが膨れるので、鍋にいっぱいに入れないようにする」
でしょうね。鍋をいっぱい入れてどうする?!

日本語がシュールすぎます。ルーマニア語から日本語に直訳したんだと思うんですが、
同じ通訳としてここまでアバンギャルドな訳をするやつはどいつだ?!と思わず
ライバル心がメラメラと燃えてしまいました。というのはウソですが(嘘ばっかりついてる
なあ。いけない大人になってしまった)、まあ、大方ルーマニア人の通訳がやったんで
しょうね。ていうか、私が気付いていないだけで、私の日本語→ルーマニア語翻訳
も、もしかしたらこれぐらいアバンギャルド?!って想像すると、恐ろしいですね。
そんなことはないと願いたいが、うーむ。こればっかりは・・・ルー語が母語じゃない
んで、なんともはや。
なんにせよ、自分の母語で無い言語に翻訳すると言うのは難しいものです。
微妙の言葉の機微がわかりませんからね。
[PR]

by heedoosama | 2005-06-01 04:44 | ルーマニアの広告  

<< でっきるかな、できるっかな、ふ... 引越し騒動記 >>