「ほっ」と。キャンペーン

チョルバの作り方

先日、このブログを読んでくださっている方にお会いした折、「これ
書いている人、下ネタも堂々と書いてるから、男の人かと思った」と言われ、
ガビーン!となりました。いや、かなり今更なんですがね。普段の私
を知っている人ならわかりますが、これでも相当下ネタは控えています。
ほんとはもっと下品にいきたいんだけどね~。
てなことを考えていた矢先、冒頭のようなことを言われ、「これはイカン!」
と思い、「ブログ乙女チック化プロジェクト」を推進することにしました。
たぶん1回で終わるけど。
てなわけで、今日は料理のレシピの紹介で~~~す★ かわいい?

私は彼氏と住んでいるのですが、食事当番は私です。来る日も来る日も
コメ、味噌汁、煮物という日本のお母さんな食事を黙って食べていた彼。
しかし、ある日ボソッとつぶやいたね・・・
「チョルバが食べたい。でも、そんな、無理だよね」
見栄っ張りで負けず嫌いな私は、「おお、やったるで!」と胸をたたき、
見事にのせられました。

彼のおかーちゃんから口承(笑)で教わったチョルバ(ルーマニア風スープ)
の作り方です。これはチョルバ・デ・プイ(若鶏のスープ)ね。

【材料 4人前】
にんじん 中1本
たまねぎ 中1個
ジャガイモ 大1個
ピーマンとかなんかてきとうに野菜
鶏のもも肉骨付き 1本
トマトピューレ 大匙2杯くらい
ボルシュマジック 大匙1杯・・・①
レウシュテアン 1把(みじん切り)・・・②

b0040048_1515335.jpg材料の説明ですが、①のボルシュマジックというのはクノールの出している調味料です(写真参照)。本来は、ボルシュという小麦のもみがら、黒パン、ビール酵母、水などを発酵させて作るすっぺー液体を入れます。このすっぱさがチョルバの美味しさの秘密なのですなあ。
で、土曜の昼下がり鼻歌歌いながらボルシュを市場に買いに行ったら・・・売り切れてました。
なので、粉末のボルシュマジックを買ってあきらめました。よーするにこれは乾燥ボルシュです。忙しいママの味方です。便利な世の中になったもんだと感慨深くなりながら帰宅。お前はいくつだ。

b0040048_155496.jpg②のレウシュテアンというのはハーブの一種(写真)で、葉っぱをちぎると
一瞬、カメムシの背中に触れたかのようなかほりがしますが、スープに
いれるとまあ、結構いい風味です。これ必須ね。


1.野菜は全部小さめに切る。鶏はぶつ切り。
2.鍋に2リットルの水をわかす。
3.じゃがいも以外の野菜を鍋に入れる。鶏も入れる。あくが出たら、すくう。
4.トマトピューレを入れる。
5.携帯電話でテトリスをしながら待つ。
6.2時間ぐらい弱火で煮たら、じゃがいもを入れる。
7.いもが煮えてきたら、ボルシュマジックと塩適宜を入れ、レウシュテアンを
  入れて火を止める。あと家にハーブ類があれば適当に刻んで投入せよ。

ほんとは、ルーマニア人のママたちはもっと大量に一気に作ります。で、
それを暖めなおして、1週間ぐらい食べ続けます。
これは、共産党時代の名残で女性も外に働きに出るのが当たり前
であるからして、働くママンの負担を減らすための習慣ではないかと
にらんでいるのが、真相やいかに。ただ単にめんどくさいだけなのか?
[PR]

by heedoosama | 2005-04-29 01:59 | ルーマニアで食事  

<< 驚きのルーマニア懸賞生活 ツマミは取るな!酒を飲め! >>