物価の話

物価の話なんですが、何がつらいかと言うと最近、レイが高くなっている
からなのです。
単純な話で言うと、2004年9月は100ドルあれば両替して336万2,100
レイになったものが、2005年3月には275万7,000レイにしかなりません。
しかし、ものの値段は上がっています。

前にも書いたような気がしますが、ルーマニアでは所得を全額申告している
人が少ないです。そういう人はたいてい、給与をドルもしくはユーロベースで
もらっています。申告する100ドル分はレイでもらって、残りの隠し所得200ドル
分はドルでもらうという人はたくさんいます。

そういう人にとっては、現在のレイ高ドル安はモロに減収を意味します。
昨年末から今年にかけて、ドルの対レイレートが20%下落しましたが、
それは実質、給与の20%減を意味します。

私の記憶では2年前はパン1斤が3,000レイでした。2003年4月の平均レート
では1ドルが3万3,702レイなので、2年前は1ドルで11斤パンが買えました
今はどうでしょう。今年3月の平均レートは1ドルが2万7,570レイです。
そして、パンの値段は1斤6,000レイします。つまりなんと今は1ドルで
パン4斤しか買えないのです
!たとえ給与が2年前に比べて少しはアップして
いたとしても、物価の値上がりとレイ高に追いついていけません。

(文中のレートはルーマニア中銀発表のものを採用しました)
[PR]

by heedoosama | 2005-04-22 04:16 | ルーマニアのニュース  

<< 旅行者の皆さんへ 平均給与 >>