バンク その2

前回に引き続き、今回もルーマニアのジョーク(バンク)をご紹介します。
今回も国民性ネタですが、ルーマニア人も登場します。

________________


手際のよさを競う国際大会が行われました。

出場者は7分間で、シャツにアイロンをかけ、パンを1斤食べて、女性と
寝なければなりません。
最初の挑戦者はドイツ人でした。非常に注意深く、丁寧にアイロンをかけます。
そのあと、もう時間がほとんど無いことに気づき、あわててパンを一口食べた
ところで時間切れです。
2番目の挑戦者はロシア人です。とりあえず、何も考えずにまず女性に挑み
かかります。その後、パンを半分食べ終わったところで、時間切れです。
3番目の挑戦者はルーマニア人です。彼は女性にアイロンかけをやらせ、
その間、同時に彼女を犯しました。また、そうしながら同時にパンも
食べました。
もちろん、優勝者はルーマニア人でした。

マスコミがやってきて、コメントを求めました。
ドイツ人はこう言いました:「我々はこういう民族なんである。我々は
まず働き、ものごとが正しく機能するよう努力する。そして、そのあとで
時間が余れば食事をし、さらに時間が余れば快楽を求めるのである。
もし時間が余らないのであれば、また働くのみである。その繰り返し
なんである」
ロシア人はこう言いました:「ワシらはこういう民族なんだ。まず、楽しい
事をして、そのあとで時間が余ればメシを食う。まだ時間があった場合は
働く」
最後にルーマニア人はこう言いました:「うちらはこういう民族なわけ。
働いてくれる人をヤんなきゃ、ご飯食べさせてくれないでしょ」

Concurs international de indemanare: cine reuseste in timp de 7
minute sa calce o camasa, sa manance o paine si sa rezolve o
femeie. Primul concurent, neamt, se apuca cu multa
meticulozitate si calca cu mare grija camasa, dupa care constata
ca nu mai are timp, musca o data din paine si ...se scurge
timpul. Al doilea concurent, un rus, fara sa stea prea mult pe
ganduri, se apuca de femeie, o rezolva, apoi mai mai are timp sa
manance o jumatate de paine si..se scurge timpul. Al treilea
concurent, un roman, o pune pe femeie sa calce camasa si in timp
femeia calca, o rezolva, mancand in acest timp painea. Normal,
castigator e declarat romanul. Vine presa sa ia declaratii.
Neamtul declara: "Noi asa suntem obisnuiti, muncim si incercam
sa facem treaba cat mai bine, apoi daca mai ramane timp, mancam
si apoi daca mai e timp ne distram, daca nu...ne apucam din nou
de munca, si tot asa." Rusul declara:"Noi asa suntem obisnuiti.
Mai intai ne distram, apoi daca ramane timp mancam, apoi daca
mai ramane timp muncim..." In sfarsit, romanul spune si el: "
Noi asa suntem obisnuiti. Daca nu-l f*** pe cel care munceste nu
poti sa manaci o paine..."
[PR]

by heedoosama | 2005-04-12 15:59 | ルーマニアのジョーク  

<< マドリガル来日 ルーマニアンジョーク >>