ルーマニアンジョーク

すいません、不定期更新きまぐれブログ管理人へーどーです。
久々に復活です。ちゃんとルーマニアに戻って生きておりました、ハイ。

今日はルーマニアのジョークをひとつご披露いたします。
ルーマニア人は「バンク」といわれるジョークが大好きで、酒の席になると、自分の知ってるバンク披露大会と化したりします。

今回は「国民性ネタ」。原語は以下に記しました。ちょいと意訳になってますけど、お許しを。

___________________

ある無人島に、いくつかの人種が集められました。

2人のイタリア人男性と1人のイタリア人女性。
2人のフランス人男性と1人のフランス人女性。
2人のドイツ人男性と1人のドイツ人男性。
2人のイギリス人男性と1人のイギリス人女性。
2人のブルガリア人男性と1人のブルガリア人女性。
2人の日本人男性と1人の日本人女性。
2人の中国人男性と1人の中国人女性。
2人のアメリカ人男性と1人のアメリカ人女性。
2人のアイルランド人男性と1人のアイルランド人女性。

1ヵ月後、この無人島では次のようなことが起こっていました。

1.イタリア人男性は、イタリア人女性のためにもう片方のイタリア人男性を
殺してしまいました。

2.フランス人男性2人は、フランス人女性1人を仲良くわけあって楽しく
暮らしていました。

3.2人のドイツ人男性は、1人づつドイツ人女性を訪問するのに、週ごとの厳格な
スケジュールを守っていました。

4.2人のイギリス人男性は、双方とも、もう片方が自分にイギリス人女性を紹介
してくれるのを待っていました。

5.ブルガリア人男性2人は永遠にずっと海を眺めていて、そのうち1人は
よくよくブルガリア人女性の顔を見て、そのあと泳ぎだしました。

6.日本人男性2人は東京にFAXを送って、指示を待っています。

7.2人の中国人男性は、薬局と酒屋とレストランとクリーニング屋を開業して、
従業員を産ませるため中国人女性を妊娠させました。

8.アメリカ人男性2人は真剣に自殺を考えています。なぜなら、アメリカ人女性が
常に自分のスタイルについて、真のフェミニズムについて、男性の役割を女性が
担えるかについて、自己実現の必要性について、家事の公平な分担について、
砂とヤシの木のせいで太って見えるか、昔の恋人がいかに彼女に正しく接して
彼女の意見を尊重してくれたか、どうしたら母親との関係を改善できるか、
税金がカットされたか、雨が降らないか、など不満を述べているからです。

9.二人のアイルランド人は島を北と南に分断して、蒸留所を作りました。彼らは
もうそこに女性がいたかどうかも覚えてません。なぜなら、ヤシの実のウィスキーを
何リットルか飲んだ後で、もうふらふらになっていたからです。ともかく、彼らは
イギリス人もぜんぜん楽しそうじゃないので、幸せです。

Intr-o minunata insula pustie au fost adunati mai multi oameni:

2 italieni si o italianca
2 francezi si o frantuzoaica
2 nemti si o nemtoaica
2 englezi si o englezoaica
2 bulgari si o bulgaroaica
2 japonezi si o japoneza
2 chinezi si o chinezoaica
2 americani si o americanca
2 irlandezi si o irlandeza

O luna mai tarziu, pe aceasta minunata insula pustie se intamplasera
urmatoarele lucruri:

1. Un italian l-a omorit pe celalalt italian pentru femeia italianca.
2. Cei doi barbati francezi traiesc impreuna cu frantuzoaica intr-un fericit
menaje-a-trois.
3. Cei doi nemti au o programare saptaminala foarte stricta pentru vizitarea
alternativa a nemtoaicei.
4. Cei doi englezi asteapta pe cineva care sa le-o prezinte pe englezoaica.

5. Cei doi bulgari s-au uitat lung la oceanul fara sfarsit iar unul din ei
s-a uitat bine la bulgaroaica si apoi a inceput sa inoate.
6. Cei doi japonezi au trimis un fax la Tokyo si asteapta instructiunile.
7. Cei doi chinezi si-au deschis o farmacie/magazin de
bauturi/restaurant/spalatorie si au lasat-o gravida pe chinezoaica ca sa le
furnizeze angajati pentru magazine.
8. Cei doi americani se gandesc serios la sinucidere, pentru ca femeia
americanca se tot plange de corpul ei, de adevarata natura a feminismului,
cum ar putea si ea face tot ce fac ei, necesitatea
implinirii, diviziunea egala a treburilor in casa, cum nisipul si palmierii
o fac sa arate grasa, cum fostul ei prieten ii respecta tot timpul parerile
si a tratat-o mult mai bine decat o trateaza ei si cum
relatia cu mama ei se imbunatateste si cum in sfarsit taxele au scazut si nu
mai ploua.
9. Cei doi irlandezi au impartit insula in Nord si Sud si au facut o
distilerie. Ei nu-si amintesc daca mai era si o femeie pe acolo pentru ca
totul devenea cam cetos dupa primii litrii de whiskey de nuca de cocos. In
orice caz sunt satisfacuti pentru ca nici englezii nu se distreaza deloc.
[PR]

by heedoosama | 2005-04-09 15:44 | ルーマニアのジョーク  

<< バンク その2 いちご >>