「ほっ」と。キャンペーン

節分 in ルーマニア

すんません、ちょっとネタが古いんですが、節分の話を。やりましたよ、豆まき in ルーマニア。

ルーマニアにはもちろん、豆まき用の豆なんて売っていないので、自分の家にある大豆(ハンガリー産)をフライパンで炒ってみました。

日本人の友人3人と、最近おつきあいしだした私のルーマニア人の彼氏を家にお招きして、みんなでうちの戸口から「鬼はぁー外!」と元気よく豆をまきました。
きっと翌日、マンションの廊下に転がっている豆を見て、近所のルーマニア人たちは「何これ??」と首を傾げたことでしょう。
すげーロマンチストなうちの彼氏は「母国の習慣を僕と分かち合ってくれるなんて・・・ありがとう」とひとり感動していました。豆投げただけやん。やつは、炒った大豆を気に入って、自分の年齢以上の数を食べてました。

ちなみに、日本では地方によっては、豆まき以外にも、焼いたイワシの頭を枝に刺して戸口に飾るところもあるそうですね。
さすがにこれはしませんでしたが、職場の同僚(ルーマニア人)に、もし私がそういうことをしたら、近所の人々は私のことをどう思うだろうかと聞いてみたら、「頭が狂ったか、黒魔術でもしていると思われるかだね」と言う答えでした。
日本の風習も、冷静に考えると割とけったいなものなのかも知れません。なにやら叫んで豆投げたり、魚の頭を飾ったり・・・。
[PR]

by heedoosama | 2005-02-11 13:28 | ルーマニア全般  

<< 嫁と姑 寒いはずだと・・・ >>