原産地不正表示

日本で、「ビームス」、「トゥモローランド」、「ベイクルーズ」、「ワールド」、「ユナイテッドアローズ」といった有名ブランドが、ルーマニア製の衣料をイタリア製と偽って販売していたため、公正取引委員会により、該当商品の排除命令を出されました。

ルーマニアには、イタリアの衣料会社の工場が数多くあります。ルーマニアの低賃金と、イタリア市場への距離の近さが原因です。

実は、前述のブランド以外にも、ルーマニアで服を作ってMade in Italyのタグをつけている企業はたくさんあります。みんなが知っている、超有名ブランドでも。
ただ私の知っている範囲では、Morganはちゃんと、Made in Romaniaの表示をしていて、良心的です。

もちろん、中国製のユニクロの品質が悪くないのと同じで、ルーマニア製ヴェ●サーチだって、品質はいいんですが、ブランド物衣料にはイメージが大切ですからね。ブランド物を買うとき、人はそこに実質的な品質のよさよりも、往々にして、そのブランドが持つイメージ性に目を向けてしまうものですから、原産地詐称は起こるべきして起こった問題であると考えます。

某有名イタリアブランドのネクタイ(日本で1-2万円)の、ルーマニアでの原価(労働賃金を含む)は約100円です。
これを、ブランドものを買うことは、はイメージ/ファンタジーを買うことだ、と言わずして何と言いましょう。私自身はそういうイメージで買う買い物は好きですから、ブランド買いを否定しません。ともすれば、原産地表示詐称だって、アリでないかとすら思っていますが、それを言うと顰蹙なので、まあ小さい声で言うことにします(笑)
[PR]

by heedoosama | 2004-11-25 04:52 | ルーマニアのニュース  

<< 芝居とその対策 選挙ポスターのパロディ >>